仕事の年収を上げる最も簡単な方法

それはズバリ、上司に直談判することだ。

一般的に日本企業の場合、出世すればするほど給与も上がる。自然に出世するケースもあるが、自分から言わないと出世できない企業も多い。
出世を希望していないケースでも、昇給自体は言えば簡単にしてくれる場合もある。
もちろん勤務態度が良好で遅刻や無断欠勤がなく会社にある程度貢献していることも条件にはなり得るだろう。

例えば今が手取り15万円で、20万円にして欲しい場合は「20万円にしてくれ」などと上司に直談判するのだ。
理由を聞かれたら生活の圧迫を挙げ、様々な物が値上げしているので生活できない、ライフラインも上がっており生活が大変だ、等と主張するのがよいだろう。何となく上げてくれとだけしか言わないと「じゃあ16万円にしたわ」などとなり大して効果がないこともあり得るので注意。
交渉ごとが好きな人は家計の支出一覧を作って提出してみたり、他の会社に勤める同じ年齢の同僚に聞いてきた数字を掲載したりするのもよいだろう。「あっちのほうが高ければあっちに転職します」という一種の圧力にもなる。今の時代、同じ企業で死ぬまで働き続けるという年功序列型ではなくなってきている。

水面下でネチネチと部下に圧力を掛けて辞めさせるような人もいるが、結局自分の仕事が増えるだけで逆効果だ。
くれぐれもお金が欲しいならお金が欲しいと上司にズバリ言うことがとても重要だ。
人間ボランティアで仕事をしているわけではない、生きるために仕事をしているので上司もある程度理解はしてくれるだろう。
万が一交渉に失敗してもクビになることはないので物は試しに一度聞いてみるのがお勧めだ。