警察が仕事しない理由を考えてみた

最近警察の不祥事が相次いで報道されている。ある人は泳いでいないと思っていたら実は泳いで逃げて空き家で食料を調理しテレビ三昧、ある人は府外に出ないと思っていたら海を渡って四国、九州まで逃げていて道中はグルメ三昧とまるでテレビ番組のロケのような有様だ。
犯人が逃げるというのは本来あってはならないことで、後者は万引きで警備員によって捕まったというのも警察失格である。

東京など都心の警察は(点取り目的で)必死に仕事するが、田舎は大きな事件が起こらないのか、のんきというか仕事をしない警察も多い。簡単に例えれば都心の警察は10km/hオーバーで捕まえたりするが、田舎は甘いという感じだ。警察の仕事がないのは平和ということでそれはそれでいいのかもしれないが、何かあった時動いてくれないのは困る。特に深夜に警察を呼ぶと動きが遅いというか鈍いというかそういう場合も多い。まぁ人間夜中は頭働かないし体も動かないのは理解できるが。
通報しても来るまでに30分程度かかるし、来ても「怪我はないですね?」などと聞き、怪我がないなら何のために呼んだというオーラを出す人もいる。一般人のもめ事も「これは民事ですから。民事は民事裁判でやってください」と突っ返す人もいる。警察としては一般人のもめ事よりも刑事裁判で実刑になるような大きな事件のほうがやりがいがあるというか目をキラキラさせているように感じる。

また警察の構造として24時間いつでも通報を受け付け、何かあったら急行しなければならない。日勤・夜勤と分けているようであるが、交代制の勤務になっていてまた人手不足の現状もあるようであまり現場に行きたくない、行く暇もないのが現状なのかもしれない。田舎の警察の構造として、一気にパトが向かうということは少ない。まずは1台来て緊急性が認められる、応援が欲しいとなれば応援を呼び、5台ぐらいにまでなることもある。ただし応援もすぐ来るわけではなく30分~1時間程度かかる。税金で運営されているわけで様々なパターンを想定して週に一回や月に一回など定期的に犯人を想定した訓練を行う、常に緊張感を持って勤務する、人手不足対策をする、そして地域の治安を守る為にも日々のパトロール、特に深夜のパトロールをもっと強化してもらいたい。