ポストはなぜ赤いのか 日本郵政に聞いてみた

これに関して調べてみると、答えのないサイト、ポストの経緯や歴史の話にすり替わっていたり消化不良なことを書いているサイトが多かったので、日本郵政に直接聞いてみました。

お問い合わせにつきまして、明治34(1901)年に、火事に強い鉄製の赤色丸型ポストが考案されましたが、ポストの位置をわかりやすくするために、赤色に塗られることとなりました。

広くお客さまに定着しているイメージカラーとして赤色を採用し、その後、郵便車両等にも導入されることとなりました。

100年以上前に考案されたポストですが、赤色が分かりやすいのは今も昔も変わらないようですね。赤色がわかりやすいということで全国に広まったと言うことですね。またそれに伴い郵便のイメージカラーも赤と制定され、郵便のバイクや車両等も同様に赤くなっているのもこれが理由でしょう。
一方、ポストと言えば赤が有名ですが、全国各地には雪だるまポストや桜(ソメイヨシノ)のポスト、色で言えば白やピンクなど、様々なデザインのポストがあり多くの人を楽しませています。これも手紙を出したくなる創意工夫という所でしょうか。郵政のロゴを付けるなど基準を満たしていればかなり奇抜なデザインのポストでもOKなようです。郵政博物館のページでは経緯様々なポストについて述べられていますので、ぜひ見てみて下さい。