時代はタブレット?! キーボード付タブレットの利点10個

ノートパソコンを持っている人は多いかと思いますが、家から出さずにノートになっていない、むしろデスクトップと化している人も多いのではないでしょうか。これではノートの意味がありません。
ノートパソコンでもメールやネットサーフィンぐらいしか使っていないというのであれば、キーボードのついたタブレットはいかがでしょうか。
私もキーボード付きのタブレット(WN891)を持っていますが非常に便利なので利点を書いてみました。参考にして下さい。

1.スタバなどでドヤ顔できる
スタバでMacを開く人も少なくなりましたが、スタバ等の小さいスペースでも気軽に操作できます。
もしかしたら電車でも操作できるかもしれません。

2.タッチパネルに対応している
ノートパソコンとタブレットの違いは、タッチに対応するかしないかです。タッチに対応することで、万が一マウスが壊れても自力で操作できるので楽です。

3.価格が安い
構造が単純でスマートフォンと似たような要領で作れ、さらに画面が10インチ程度の端末であればマイクロソフトとの契約でOSやOfficeが無料に近い格安なのでノートパソコンに比べて安く入手することができます。一番安い機種だとOS・MSOffice込みで2~3万円程度で買えます。

4.軽い
最近はノートパソコンも軽くなっていますが、タブレット本体は500g程度、キーボードを足しても1kg程度の機種が多いです。

5.小さくて薄い
ノートパソコンに比べてキーボードを含めても小さくて薄い設計になっていますので持ち運びも楽です。キーボードと本体が取り外せる機種であれば、寝ながらブラウザなど、多彩な用途で使えます。

6.USB充電
ノートパソコンのように専用のACアダプタがなくても、microUSBなどで充電できますので、スマホと同じような感覚で扱えます。

7.microSDやmicroHDMI装備
ノートパソコンには少ないカード類のスロットや、映像出力端子を備えている機種も多いです。

8.Bluetooth対応
ノートパソコンは安い機種だとBluetoothに対応していない場合も多いですが、タブレットはほぼ全て対応していますので、マウス等の接続も無線で簡単にできます。

9.通常のWindowsが入っている
昔はWindows mobileなど普通のWindowsではない機種もありましたが、現在のタブレットは普通のWindowsが入っていますので、exe形式のソフトが動きます。ユーザーで自由にソフトをインストールして楽しめます。

10.バッテリー持ち時間はノートと変わらない
最近はプロセス微細化も進み、CPUが省電力になったため8時間程度持つ機種が増えてきました。8時間持つのであれば日中の利用であれば十分ですので、完全にノートパソコンを置き換える存在になりそうです。

ただ覚悟しておいて欲しいのが、CPUとメモリ、記憶容量に関してはノートパソコンに比べて劣るのと、スペックの拡張はほぼ無理です。レビューで重いなどと書いている人が多いですが、メールのチェック専用、文書作成専用、ブラウザ専用と割りきって使うのがよいでしょう。そういう軽い用途にしか使わない人には良いと思いますが、なるべくならばスペックはメモリ4GB/ストレージ64GBの機種をオススメします。