国産車のメーターはなぜ180km/hまであるのか ホンダに聞いてみた

毎日見ている車のメーターですが、なぜ180km/hまであるのでしょうか。本当のところはどうなのか車を設計しているホンダに聞いてみました。

スピードメーターのメモリは、道路の速度制限や車両の性能などに合わせ自動車メーカーが加入する日本自動車工業会と申しわせ、メーカーの自主規制でほとんどが普通車 180km/h、軽自動車 140km/hの仕様にしております。

という回答を頂きました。つまり、この日本自動車工業会が決めている仕様ということになります。

ネット上にはこの答えに関しては海外輸出云々・スピード出させないため云々・貧乏くさい云々・性能をアピールするため云々など様々な憶測が書かれていますが、どれも根拠がなく憶測でしかありません。今回、単純に業界の自主規制であることがメーカーに聞いてはっきりと分かりました。普通車で180、軽で140以上出す事は高速であってもまずあり得ないだろう、将来的に速度規制が緩和されてもそれはあり得ないだろうという判断だと思います。現実的に新東名で施行されているのも110km/hですし120km/hになるのはまだまだ遠い将来の話です。
外車や一部のスポーツカーでは300km/hまであるようなものもありますが、それらはごく一部の話でほとんどの国産車はこの基準になっていると思います。スピードメーター自体に法律の規定はないようですが、実は議論を重ねて業界で申し合わせて基準を作っていたとはビックリですね。皆さんの身の回りで毎日見る当たり前の物も根拠があってそうなっているのかもしれません。