不要なWindowsサービスを完全に削除する方法

Windows サービスは通常サービスのUI画面から削除しますが、マイクロソフトにとって消されたら困るサービスは消せないようになっています。
そのようなサービスで、明らかに自分にとって不必要なサービスはコマンドプロンプトから根こそぎ消してしまった方が気が楽です。
例えばXboxやNFC、赤外線など絶対使わないサービスは削除してしまっても良いでしょう。


1.コマンドプロンプトを管理者権限で実行
2.sc.exe delete [サービス名]と打ち込む
サービス名はサービスのUI画面からダブルクリックすると分かります
3.エンターを押すと削除される
※一度削除してしまうと絶対に元に戻せないので、ミスのないようサービス名は二度三度必ずチェックして下さい
ちなみに無効にしたい場合はsc.exe config [サービス名] start= disabledとなります。

予想以上にサクッと消えてしまうのが逆に怖いです。一部のサービスは管理者権限でコマンドを叩いても「アクセスが拒否されました」「パラメータが間違っています」などとエラーが出て消せない物もあります。それは仕様です。
いくつかサービスを消すとパソコン操作が気持ち軽くなりました。まずは要らないサービスを無効化していき、一ヶ月程度経過して不具合が起きないと分かったら絶対に不要なサービスを中心に消していくことをお勧めします。