横田基地日米友好祭2018に行ってみた

横田基地といえば普段一般人が入ることは許されず厳重な警備で有名ですが、年に数日だけ一般人が入れるお祭りがあります。
それが「日米友好祭」
例年9~10月に開催され約20万人動員するようですが、今年は9/15・16の日程で開催されましたので実際に行った様子をリポートします。
※この記事は写真・内容に関して基地側にURLを提出し「個人ブログと認識しており個人としての意見発信は問題ない」とOKを受けております。

○概要
入場無料。横田基地 第5ゲート
午前9時から午後8時(祭り自体は9時まで)

○アクセス
JR牛浜駅…徒歩10分(最も混むのでここ以外を推奨)
JR熊川駅…徒歩10分
JR拝島駅…徒歩20分
JR福生駅…徒歩20分
JR東福生駅…徒歩20分
西武拝島駅…徒歩20分
自家用車…圏央道日の出IC→駐車場はありません
自動二輪、自転車…駐輪場はありません。近隣の民間駐輪場へ

 
基地内には駐車場なし、周辺のコインパーキングは特別料金でも満車、周辺のコンビニはコーンを置いて防御という徹底ぶり。
もはや民家に頼み込んで駐車した方がいいんじゃないかというぐらいの競争率の高さ。

しかし「西友福生店」ですと656台収容できるので満車になることもほとんどありません。西友で商品を買えば駐車料金が安くなります。
スタバも対象ですので家族4人で行けば3,000円の利用は満たせると思います。


自販機も売り切れが続出し、オーナーが補充に追われていました。今日稼がなければいつ稼ぐという状況です。
駅から10分ほど歩くと圧倒的な人だかり。どうやらこの辺が第5ゲートだろうなというのはぱっと見で分かります。

 
いよいよ第5ゲート到着。この人の多さ。警察が門を封鎖し車両や自転車の侵入を防いでいますのでここまでは徒歩で来る必要があります。
基地前の信号は警察が手動操作していて歩行者が落ち着くと車両側を青にしたりと臨機応変にやっていました。
ゲートでは「身分証のチェック」と「手荷物のチェック」が行われます。日本人はパスポート不要で日本の身分証でOK。身分証は顔写真付きの身分証ですので学生証や社員証、免許証などになるでしょう。手荷物チェックは空港と同じようなレベルでリュックなどを持っている人は中身を見られます。免許のパスワードの話が公式サイトにありましたが、今回は求められませんでした。
YES/NOリスト(公式サイトより)
YES:ベビーカー、レジャーシート、リュック、ハンドバッグ、水筒、ペットボトル飲料、小型折りたたみ椅子、小型三脚
NO:アルコール飲料、ガラスビン類、動物入場不可(介助犬等は事前に確認)、自転車、三輪車、キックボード、ローラースケート、スケートボード、無線操作遊具、ボール等の遊具、軍服、武器、刃物類、花火、危険物


入ってすぐにこのような車両(?)があり、これに乗るとイベント中心部まで無料で運んでくれます。Fleetとは「速い」「快速の」という意味です。時刻は適当で運転手次第です。女性や子どもなど、足腰の悪い人はぜひ使いましょう。
トイレは工事現場用の一時的なトイレが洋式15基、和式5基、ハンディキャップ5基ぐらいありました。それぐらいあっても行列で常にフル稼働。
American Styleが洋式、Japanese Styleが和式です。


日本の自衛隊の車があったり踊りを披露したりまさに文化祭や学園祭のような感覚ですね。
ナンバーも数字しか書かれていない特殊なナンバーですので初めて見る人はビックリするかもしれません。
実際に使われている迷彩柄を試着して記念撮影ができるコーナーもあり大行列でした。
スタッフも常駐していますので車のスペックなど不明な点は聞いたら答えてくれます。


ないんかい!と突っ込みたくなる自販機。自販機は種類を限定し、しかも飲みやすいものは全て売り切れで残っているのはエナジードリンクだけという「特殊な人だけが飲む」飲料だけが残っていました。随所に会場の案内図も掲示。かなり広いので迷子にならないよう注意しましょう。


アメリカの店を中心に会場内に露店がたくさん出ていますが、円とドル両方で買えますが、どの店もなぜか1ドル=100円。今は115円程度ですが、円で買った方が安いというまさに日本人ウェルカム、基地内だけの特別レートになっています。酒を出している露店もありましたが飲み過ぎに注意しましょう。クレジットカードや電子マネーでの支払いは対応しませんのでご注意を。一人2,000円程度の予算と単語程度の簡単な英語の読解力があればより楽しめると思います。


巨大な航空機の羽根を見つつ、1,000円でハムホックを購入。日本ではなじみが薄いかもしれませんが、ハムの塊のようなものです。ソーダと出ていますが実際は売り切れでした。売り切れの商品も多くあるので必ず店員に確認しましょう。ハムホック一つ買うのでも15分ぐらい待たされました。複数人でつつく場合は取り分け用のフォークを追加でもらうこともできます。
まるでディズニーのような人の量。端の方にはオスプレイもあったようですが100m近く歩かないといけないので時間の都合上断念しました。

ブログやSNSの画像・動画公開は?
公式サイトでは「プライバシーに配慮して自己判断で」ということになっていますが、宣伝や商用目的での使用は禁止、報道取材でも登録が必要で規制は厳しめです。基本的にブログやSNSで使用する場合は横田基地側にメールで聞いてみた方が良いと思います。一概にYES・NOではなく、TwitterやサイトのURLなど具体的な情報を見て判定するそうです。日本語で送れば日本語で返してくれます。

入って分かった点
①携帯がつながらない
携帯各社も対策しているのでしょうが、あの密度に何万人が一気に集まるとパンクして通信が輻輳し表示がかなり遅くなります。しかも基地なので臨時車両での対策ができません。連絡取ろうとしてでも繋がらなくて迷子、みたいにならないように携帯の番号を教え合っておく、服を目立たせる、帰りは駅で待ち合わせなど対策をしましょう。
②もっと早く行く
当方午後4時頃に着きましたが基地周辺は渋滞。午後は混みますので、なるべく朝一の午前から行って早めに帰ることをお勧めします。道路渋滞も午前中の方がマシだと思います。
③駐車場が予想以上にない
駐車場がないとは聞いていましたが、近隣のコインパーキング全て満車というのは予想外でしたね。車で来るなら前泊レベルでしょう。
④基地内は英語だらけ
基地内の看板はほとんどが英語。友好祭のゴミ箱すら英語表示の方が大きく日本語はルビ扱い。とはいえ基本的にお金さえ出せば商品は買えるので言語が違っても楽しめます。
⑤日本人向けの祭り?
地域の人からすれば祭りと思っているようで、客のほとんどは日本人。米軍基地と言えば賛否両論が渦巻く中で地域貢献という意味でも日本人に向けた祭りだということが凄く伝わってきます。


ちょっとお固めの性格の友人から「アメリカは適当で日本人は真面目?」というようなぼやきを聞きつつ帰りはJRを横目に車で帰宅の途へ。福生市や立川市、拝島の空は綺麗で空気も澄んでいました。年に数回しか開かれないイベントですがとても楽しくお祭り騒ぎのような一日でした。横田基地のイベント等に行く人の参考になれば幸いです。