非常時通報は高速の非常電話より携帯の方が安全?!

高速道路には1km間隔で非常電話が設置されていますが、非常電話は本線路肩に設置されており近年高速道路上での二次災害も多いことから、ネクスコ各社は車外に出ることを推奨していません。なので非常電話についてネクスコは積極的な宣伝をしていません。「法律でそうしろ」と言われているから仕方なくといったスタンスです。

 
非常電話の中身はネクスコ中日本の見学で見せてもらったものですが、その際に使い方の簡単な説明も受けました。
・通話料は無料。24時間稼働している。1km間隔の設置なので歩く距離は最大500mとなる。
・ボタンがあるが、押さずに受話器を取ればつながるので簡単。ボタンはあくまでしゃべれない人や外国人向けのものである。
・非常時に何が起きているか文章を組み立てられない人もボタンを押すと良い。
・受話器を取るとネクスコの管制塔につながるので用件を話す。ネクスコのパトロールカーが現場に向かい救護する。

とはいえ私も経験がありますが、例えば保険会社経由で「高速で事故しました」といえば保険会社が警察やネクスコなど全てに連絡を入れてくれます。保険会社でなく警察に通報しても「高速で」ということであれば警察がネクスコに連絡を入れてくれます。JAFも同様にネクスコとのネットワークを持っています。
なので、パンク等の軽い事故や故障であれば非常電話がなくても携帯電話から通報できると思います。しかし車両が炎上したとか事故して携帯が吹っ飛んでいった、すぐに見つからないなどの場合には非常電話は役立ちます。
車内で携帯から通報する方が安全、一方携帯が無い場合は非常電話から速やかに通報。
状況等に応じて一番安全かつ速やかに通報できる方法を選択すると良いでしょう。