高速道路の裏側!NEXCOコミュニケーションプラザ川崎に行ってみた

全国に張り巡らされている高速道路。その裏側を知っている人はほとんどいないと思います。
その中でも全国で唯一、高速道路の道路管制センターを一般向けに公開し、高速の裏側を全国に発信しているネクスコ中日本。
今回はその施設にお邪魔し高速の裏側に迫ってみました。

概要
NEXCOコミュニケーションプラザ川崎
〒216-0024 神奈川県川崎市宮前区南平台1-1
10:00~17:00(年末年始を除く)
電話 044-866-8730
入場無料・予約不要(要身分証)所要時間1時間程度。団体10名以上は予約が必要
写真撮影OK トイレ、自販機あり
土日もやっていますのでお子さん連れの親子も多い印象です。

 
駐車場には警備員が待機。万全のセキュリティです。まず駐車場から建物まで階段を上る必要があります。
車いすの方などは連絡すれば何らかの補助があると思います。


普通の企業にお邪魔しているような感じになりますので、インターホンがありロックがかかっていて入れないようになっています。
インターホンにて見学の旨を告げると受付できます。受付では予約をされていない場合は名前の分かる身分証の提示が必要です。既に1組来場されていました。ピンポンを押しても応答がない時は5分ぐらい待ってみて下さい。


展示室内には記念撮影もできるブースも用意されていました。


川崎道路管制センターは東京、神奈川、山梨、静岡、長野、愛知の529.1kmを所轄しています。
プログラムとしてはまず構内を自由に見学し、「THE PROFESSIONALS」(約10分)を見て、管制室横にてビデオを観覧後管制室を見学、その後屋上から東京料金所を眺めるという感じです。それぞれの時間になれば係員から声がかかります。子どもでも楽しめるお絵かきブース(2018年春新設)や大人でも楽しめるお堅い系の資料もあります。


管制センターは専用のICカードがないと入室できません。今回はネクスコ社員がICカード通して入室できました。
管制センターはアクリル板越しからの見学・撮影になりますが、撮影に関するご配慮ということで管制室の警察官は写すなと指示がありました。
まるでテレビ局のように大型モニターがずらずらと並んでいる光景は圧巻。
見学中にも事故が一件入り「あ、いま事故が入りましたね」とネクスコの方が一言。
素人には何が何やらさっぱり分かりませんが、毎日見ていると分かるそうです。見方も簡単に教えてくれます。
双眼鏡があると見やすいかもしれません。
事故があるとこのモニターに大写し、恥さらしになりますのでお世話になることがないように高速では安全運転を心がけたいですね。
皆さんが良く聞いているラジオの道路交通情報センターのブースもあり、ここから最新の情報を届けています。
Q:左下と右下ではなぜか競馬。サボってるの?
A:サボっているわけではありません(笑) 緊急地震速報などの収集のために一般のテレビも放映しています


最後にウッドデッキのような屋上から東京料金所を見学。職員の出勤や休憩、退勤は地下で出入り。「引かれますからね」言われてみれば確かに!
普段は通り過ぎるだけの料金所を改めて見ると多くの気づきがあります。
警察も待機していますがここから出動することは滅多になく帰ってくることが多いそうです。


最後に消火栓(見本)を触らせて頂く事ができました。見本ですのでもちろん何も出てきませんが、かなり重いです。

帰り際にはノベルティやスタンプももらえました。ノベルティの中にはノート・ボールペンの他、パワーポイントの写真入りのカラーの資料が同封されており、こんな事が記載されていました。
・情報収集 非常電話(1kmおき)、監視カメラ(1kmおき)、交通管理隊、車両検知器(2kmおき)、気象観測設備
・道路管制システムからお客様への情報提供 高速道路IC出口手前、図形情報板、所要時間情報板、休憩施設混雑情報板
ハイウェイラジオ(5分おきに更新)、ハイウェイ情報ターミナル、ハイウェイテレホン、VICS(カーナビ)
・道路管制センターの主な年間統計データ(平成29年度東京支社管内)
事故件数 3,542件
死傷事故件数 454件
死亡者数 14人
通行止め件数 62件
落下物処理件数 24,053件
道路緊急ダイヤル受信件数 20,236回
非常電話受信回数 2,962回
逆走車の件数 28件

もう一つのコミュニケーションプラザ富士もあるようですが、あちらはスクリーンのみで映像資料だけです。
通常管制センターは通常報道陣にしか公開されないレベルの施設。それを身分証の提示が必要だったり二重三重のセキュリティをくぐらないといけないという条件付きではありますが、一般人にも公開するという点でネクスコ中日本は大変素晴らしいです。
高速道路と言えばお堅い感じもしますがコミュニケーションプラザ川崎のキャッチコピーは「あそびにおいでよ!」ですので遊び感覚でぜひ。
ネクスコ中日本はネクスコ各社の中でもお客様対応を第一に掲げ、当サイトの猪瀬ポールの件でも柔軟な対応を発揮し今年8月には猪瀬ポール撤去を発表するなどとてもフットワークの良い企業で有名です。子どもの社会科見学、自由研究、ネクスコ・高速好きはもちろんネクスコ中日本に就職予定の若者にもぜひ訪れて頂きたい場所です。