LINE乗っ取りを防ぐ5の方法

LINEは機能の追加はバンバンやっていますが、セキュリティ関係の機能はあまり改良されていません。全体的にセキュリティが緩いので乗っ取りされる可能性が高いアプリの一つでもあります。乗っ取られると第三者にメッセージを読まれるほか、勝手に会話から退出したり、グループへの招待や変なメッセージが届いたり友達にメッセージが送られたりする可能性があります。
乗っ取りされにくい方法をまとめましたので参考にして下さい。

・メールアドレスを登録しない
メールアドレスを登録していると解析されやすくなるため、なるべく登録しない方が良いでしょう。
・パスワードはなるべく強固にする
6文字以上ですが、数字だけにしている人も多いと思います。数字だけにしていると簡単に解析できてしまうため、アルファベットや大文字小文字を含む8文字以上をお勧めします。長ければ長いほどいいですが忘れないように、また生年月日など簡単に類推できないものにしましょう。
例えば:987789 ではなく AaBbCcDd987789 にするなど。
・連携アプリは外す
乗っ取りの可能性を最小限にするために余計な連携アプリは解除しましょう。連携アプリ無しの状態が望ましいです。
・アカウント-ログイン許可を外す
業者はPCからログインを試みようとします。なのでPCからのログインは拒否する設定にしましょう。
・不審なグループ勧誘に気をつける
よく分からない人からの勝手な会話、グループの勧誘などには参加しないように注意しましょう。

通常であればパスワードの変更も古いパスワードを入れて正しいかチェックした上で新しいパスワードに変更するのが普通ですが、LINEの場合は新しいパスワードしか入力する欄がなくこれもセキュリティ的に緩いです。またグループも誰でも追い出せてしまうのも問題でよく分からない人を入れてしまったら全員退出させられてグループ崩壊という状態もあり得ます。このようにもともとセキュリティに関しては緩いアプリなので扱う際は十分注意しましょう。