フォグライトを晴天時に点灯すると違反?!

結論から言うと違反ではありませんが、推奨されません。むしろ消すことをお勧めします。

最近のちょっとグレードのいいタイプの車だとフォグライトが装備されていることも多いと思いますが、買った時のまま設定を変更せずにいると「オン」のまま夜間も運転していたという人も多いと思います。納車時に営業からの説明も「ここがライトですね」程度で詳しく受けていない人がほとんどかと思います。本来霧の時に付けて運転するものですが、飾り、ディスプレイ、夜間の安全性向上、道路を見やすくするなどといった目的で付けている人も多いと思います。
しかし、例えば1個11Wだとすると2個で22W。22Wがどれだけ燃費に影響するかはほぼ誤差の範囲でしょうが、ちりも積もれば山となるということわざの通り、オフにすると緊急時に最後の1kmや2kmを走れる可能性があります。
また最近はヘッドライト自体が大変明るくなり、フォグライトがついていてもほとんど足しにならないという現実があります。端的に言えば「飾り」この一言に尽きると思います。

法律を調べた所、法律上夜間に点灯しなければならないのはあくまで「ヘッドライト・車幅灯のみ」でフォグライトは不要ということが分かりました。最近はガソリン等車全体の維持費が高くなっている傾向ですので、燃費を気にする人は今すぐオフにすることをお勧めします。