自民改革会議、知事に早期辞職要求も水掛ける行為慎むべき


自民改革会議が、6月で辞職表明している川勝知事に対して6月以前の速やかな辞職を要求しているようだ。6月1日時点で在籍しているとボーナス支給に関わるという部分もあるようだが当の本人は「そこは気にしていない」「辞職時期は議会に任せる」としているようだ。
普通の職場であれば期日を決めて辞めますと言っている人に対して早く辞めろと迫る事はない訳で、辞めると言っている人に対して更に叩くのは可哀想なので温かく見守りつつも選挙や後継選び等の事務処理を粛々とやっていけば良いのである。とはいえリニア以外に関してはかなり高いレベルで県政を実行していたと言えるはずであり、リニア問題に関しても今のようにJRと静岡県の仲の良い関係が10年前に構築できていればとっくのとうに高速鉄道は営業できていたのかもしれない。
最後の登庁日を盛大に祝福するのか、それとも何もイベント等無く終了するのかは不明であるが、誰が知事になるにしても彼の15年の実績を超える事は極めて難しいはずであり失った後にその存在の大きさに気づく事になるのかもしれない。