川勝知事、6月議会で辞任 知事叩いてきた政府・JR東海に衝撃

川勝知事が、6月議会で辞任すると発表した。職員に向けての訓示で農業や製造業を見下した発言がきっかけとの事であるが、知事の目的は新東名6車線化、そしてJR東海を観光会社に変える事であり、目的は果たされたと考えたのだろう。個人的には27年開業断念及び理論上国民ほぼ全員が持つ新マイナカードに富士山が載ったあたりから流れが変わってきたように感じられる。本来地域に密着すべき鉄道会社でありながらいかに静岡を無視して富士山もスルーして東名阪を何分縮める議論しかせず歴代社長が一方的にリニア許可を求めてきたのは端から見ても異常であり、莫大なエネルギーを使って一般人及び他の知事が到底相手できない大企業と戦った点ではお疲れ様でしたと言いたい所である。

↑川勝知事は県東部の発展が重要とかねてから主張していた(写真:沼津駅南口)
ネット上ではリニアが開通しないから早く辞めろと言った声も出ていたが、辞めたから即進むと言われるとそうでもない。JR東海労組の資料を見ると品川側のトンネルも数百メートルしか掘れておらず工事は全体的に5~7年遅れていると言われており彼が辞めた後に「実は彼のせいではなかった」という真実が露呈するはずでありまさに政府・JR東海がどう動くのかが見物と言えるだろう。長野県知事は「遅れは静岡だけのせいではない。うちにも課題はある」等と正直に発言されていたが、もうリニアで嘘はつけない、ごまかせない、静岡を悪者には出来ないという点で岸田政権・国交省・JR東海もメディア等に向けてどういう発表をしていくのか戦略の練り直しが求められるだろう。
常にネット等で発言が物議を醸してきたが県内では意外と評価の高い人物であり、県内の主要産業である観光の旗振り役及び土木工事等も積極的に取り組んでおり新しい知事がどういう人になるかは不明であるが、当サイトでは引き続き静岡の魅力を発信していくほかJRの足りない部分は是々非々で発信していく予定でありリニア以外の部分は今までの知事の路線を継承しつつどのような県政を発揮していくのか期待したい。