スシロー、子連れ利用の表現巡り炎上・謝罪 当該部分は訂正

スシローが、公式サイトにおいて「お店のお湯は子連れでもご利用頂けます」としていたが、WHO等のガイドラインで定める70度を保証できない場合があるとして当該表現を取り下げ謝罪した。最近炎上対策をしっかりやり法的措置を打ち出す等していただけに自らが炎上というのは大きな痛手となり得るだろう。
寿司屋と言えば週末は殆ど家族連れ、子供連れで賑わっている一方、子連れにより快適に利用してもらうという部分を考えると個室部屋を作るのもいいのかもしれない。その個室部屋を子連れのみにするか一般にも開放するかは別として、従業員の労力が追加で掛かる部分を加味して多少料金を割増にしてでも従業員がその部屋まで運びに来る等の柔軟な対応ができるようになれば尚良しといった所だろう。新幹線でも子連れ車両等をやっている訳で、寿司屋も子連れをターゲットに施策を打ち出す時代が来たのかもしれない。