JR東海、リニア27年開業を正式に断念 川勝県政に衝撃走る

JR東海は、2027年のリニア開業を断念すると正式に発表した。今までは延期という言葉を使っており「断念した訳ではない」と言葉の綾のような事を言っていたが、品川側でも数百メートルしか掘れていないのだから静岡に限らず27年開業が無理なのは誰もが分かっていた話である。
川勝知事も以前から「静岡以外にも問題はある。なぜ出来ない事をできると言い張るのか」等と主張しておりその部分に関して今まで東海は「できるからできるんだ」みたいな感じで無回答を貫いてきたが、特に過去の社長のアンビシャスな態度が交渉に亀裂を及ぼしており丹羽社長はその修繕に努めているようであるがそれこそ超常現象のような方法を使わないと27年は無理という事実は事実として認めるべきである。過去の経営陣は東海様のお通りだという方法で交渉して失敗、そして逃げた訳でここ数年発言しなくなっておりその交渉方法が間違っていたという過ちを認めたに等しい。
まだ東海が言っていない部分は、あたかも静岡だけが問題のように取り上げているが実際は他の工区でも工事の遅延等が見られるという部分でありここに関しては今現在も必死に隠しているように見える。リニアが走るという明るい未来を提示するのは結構であるが、国民も別に27年開業は望んでおらず望んでいたのは東海関係者のみであり静岡が悪いという印象操作をするのではなく静岡のコンテンツ等とコラボして収益拡大を実現したのだから鉄道以外の分野にも積極的に進出して地域に寄り添い、そして全体や各工区の進捗等を正確に提示する事が地域と対話する第一歩と言えるだろう。