ことでん、26年度に新車導入 車内デザインは東とほぼ同等

ことでんが、2026年度に新車を導入すると発表した。完全な新規発注であるが国・県等からの支援が前提という事のようだ。

↑高松築港駅付近を走ることでん
内装デザインを見てみたが、JR東日本通勤型車両に良くあるデザインとほぼ同じであり、仮にこのデザインの車両が琴電を走りまくる事になれば、デザインという点で見ればJR四国を上回る事になる。ラッシュ時でもギリギリ座れるぐらいの琴電で東スタイルはむしろ輸送力過剰ではないかという意見もあるかもしれないが、2両でやっていたところを1両にできればそれはそれで経費削減になるのかもしれない。
ネット上では「ぴょんぴょん跳ねるから良いんだよ」とか「関東型の仕切りが邪魔」等と言われているが、琴電自体はIruCaを持っているにも関わらず「Suica使えます!」として自社よりも他社の電子マネーを必死に宣伝しているぐらい究極の東京志向であり、東のデザイン丸パクリなのは琴電の意向なのは間違いない。県はともかく国は事象が多いとして琴電を叩いているようであるが、こちらもなぜかネット民に愛されている鉄道会社の一つであり車両を入れ替えて快適性を向上させ利用者を増やす事はできるのか、今後に期待したい。