ジェットスター労組、会社側にスト通知 年度跨ぎの繁忙期直撃

ジェットスター労組は、会社側に2月29日午前10時以降ストを行うと通知した。会社側は「詳細は聞かされていない」としながらも14日以内の任意の便に振り替えできる措置を検討中としているようだ。(追記:ストは中止となったようだ)
ストは日本ではあまり一般的ではないが海外では当たり前の様に行われており、今回は解雇処分云々で揉めているようであるがいわば「賃上げが想定額ではなかった」としてストを行う事も理論上可能なのである。今回のジェットスターの詳細は不明であるが、労働者が一斉に辞めたり出勤拒否されると管理者は衝撃を受けるはずで、管理者に反省を促し目的を果たすために労働者が一致団結するのがストである。
国交省も何らかの指示をする可能性が高いが、どういう規模でストが起きても対応できるように会社側に対して柔軟な便変更及び返金等の対応、及びどうしてもその時間に移動しなければいけない人もいるはずであり新幹線への振替・ANA/JAL等他社への振替もできるようストは事前に予告しているのだから利用者に不便のないようしっかり対応してもらいたいものである。