バイトル×ぼざろコラボ人気、300万回以上再生 流れ作ったJR東海

バイトルと「ぼっち・ざ・ろっく!」のコラボが人気のようだ。主人公がぼっちという設定で、ぼっちでもできるバイトを探すという設定となっており既存絵の使い回しという声もあるが再生数全体を合計すると300万回になりこの手の求人系動画にしては異例のヒットと言えるだろう。
昨春から様々な企業が「うちにできるコラボは何か?」みたいな感じで色々考えているのは素晴らしい事であるが、この流れを作ったのは明らかにJR東海だろう。東海は川勝知事に追い込まれた事で大人の事情によりあのタイミングでのコラボはある意味必然だったと言えるが、歴代経営陣はアニメの事をブランドイメージがどうのこうのとか鼻で笑っていた訳で実際に蓋を開けてみれば大盛況、10年早くやっていれば良かったと今頃後悔しているはずに違いない。東海コラボは今も続いているが、このようにJRは日本の企業全体を動かす大きな存在である事を自覚する必要がある。大企業としても自社の製品等を自分で宣伝するのは限界があり、アニメ運営側としても大企業から声が掛かるのは嬉しい事で今まで日陰の存在と思われつつも人々に癒やし・感動・笑いを与え続けるアニメ業界が活性化するのは素晴らしい事であり、この好循環を絶やさず続けていってもらいたいものである。