くふうハヤテ、野球界の新星になれるか?65年ぶり新球団

ハヤテ223と呼ばれていた静岡市を本拠地とする新球団が正式に「くふうハヤテ」として試合を始めたようで結果はできたてホヤホヤのチームという部分を考えればまずまずとしても集客が一日あたり1300人ほどと予想を下回っていたようで、市長が駐車場問題や飲食施設の改善を挙げていたようであるが今後開拓の余地があると言えるだろう。
静岡県内のニュースを扱う県内メディアでも野球の動画だけ1万再生を超えており注目度の高さが窺えるが、ソフトバンク等の大物と対戦して結構な点数を取られていたようであり野球はメジャーなスポーツの一つで競争も激しく上には上がいてかなり強敵という所で、いかにして強力な選手を取れるかという所であるが結果を挙げて知名度を上げれば他から移籍というケースも考えられるが基本的に強力な選手は既に上位球団に所属しているという所で、なかなか難しいのが現実だろう。
静岡県外のファン等は勝ちを求めているようであるが、県民はさほど求めていないようである。ラブライブサンシャイン(BANZAI! digital trippers)でも「勝ち負けよりも楽しくね!」と言っている訳で、勝ち負けの話はさておき国やJR東海がこの球団に対してどのように手を差し伸べるかによって「土」の進展も変わっていくのかもしれない。