窓口廃止「公共交通機関として終わってる」議論も民営化の宿命

JRみどりの窓口等の廃止が進んでいる件についてネット上では「公共交通機関として終わってる」等と言われているようであるが、えきねっと・EX等誰でも無料で登録できるのだから登録して切符を買えば良いだけの話である。
窓口無いと困る等と言う人に限って声が大きくクレームや因縁を付けて窓口職員に怒鳴りつけるのが現状だが、(窓口でしか買えない特殊な切符はあるにしても)本音は現金払いで身バレしたくないというのが本音であり事業者も真に受ける必要はない。飛行機ではネットで早期予約すれば割引で安く乗れたりするが、JRも最終的には当日窓口で買う人は飛行機と同等の価格を請求していく事になるのかもしれない。とはいえ大幅な料金の値上げをやると大混乱を引き起こすので、さすがにそれはやらずネットで予約していない人は間接的に不便になるという形で新幹線・特急を利用出来なくなる未来はそう遠くはないだろう。例えば新幹線は全てIC専用改札のみになり紙切符の人は窓口へ、となれば現金客・窓口客はかなり乗りづらくなるだろう。公共交通機関と言えども民間会社なので利潤を追求するのは当然であり特に人件費の掛かる窓口営業をいつまでも続けるわけにはいかない訳で、特に東管内では窓口をガンガン減らしてそれで浮いた利益をさらなるサービス向上に使ってもらいたいものである。