賃上げ要請で初任給上げる企業多数も「固定残業代」表示に注意

岸田政権の賃上げ要請に伴い賃上げする企業が増えてきているが、表だけの賃上げに要注意である。ネットで最近炎上しているのは楽天「初任給30万(固定残業代40h)」と三菱商事「初任給30.5万」の件であるが、実は三菱の方が優良という事でどういうカラクリなのか説明していこう。

固定残業代というのはその名の通り、支給する賃金に予め所定時間分の残業代を含むという意味である。企業側としては見かけ上の額面を大きく見せる事ができ、所定以内であれば残業代の計算が不要になる事から残業代の計算を簡略化する目的があるのだろう。しかし見かけ上の金額に惑わされない事が重要だ。例えば求人で固定残業代40h含むというような表記があれば例え残業が0hだとしても全額払われるが企業はなるべく40に近い時間残業させてくるはずであり、40時間の残業がありますよと思っておいた方が良いだろう。一方、額面は低くても残業代全額支給という企業は1hでも残業すれば残業代を払いますよという事で残業をなるべく減らそうとしている企業のように見える。政府は経団連等に対して就活や転職等において応募者が企業を公平に比較できるよう固定残業代を含まない求人の表示をするように要請してもらいたい物である。