コンビニレシートクーポンの条件・使い方等解説 捨てると損?!

コンビニではレシートに無料引換券等が付いてくる事がありますが、その条件や使い方をまとめました。
・条件
その商品の近くに販促物(POP)が張ってあり30円引とか1本もらえる等の告知があるのでそれを確認して下さい。
・使い方
その商品を買って決済するとそのレシートの後ろにクーポンが付いてきます。次回来店時にその商品とクーポン券を提示して下さい。不正防止の為、クーポンを適用する場合はセルフレジは利用できません。牛丼屋のように繰返し利用はできず回収されます。他チェーンのクーポン(例:セブンのクーポン→ファミマ等)は出しても適用できません。

まず、切り取り線より上の部分は店にとって不要ですので捨てるなり持ち帰るなりして下さい。次回来店時に持ってくる場合は必ず商品と一緒に持ってきて下さい。レシート単体を店員に突き出すと剣幕の表情を返されるでしょう。そして商品を間違える方が多いですが、商品写真や商品名・価格等を確認して間違えないようにして下さい。間違った場合はレジが通りません。
また、ペットボトル飲料の場合は300mlや630ml等の容量が複数ある場合もあり、容量が指定されている場合もあるので確認してください。最後に期限切れや期間外を出してくる人もいますがこちらもレジが通りませんので、必ず期間内に出すようにして下さい。
条件に当てはまる取引の場合は割引になったり無料になったりしますが、それ以外の商品や期限外の場合はレジで弾かれますので店側の負担にならないよう券面の内容を良く確認して提示するようにしましょう。