Windows 10 フォントを削除する方法

フォントはシステム起動時にすべて読み込まれるので、なるべく最小限にしたい。ディスクの容量も減らしたいという所で消したい人も多いだろう。しかし、フォントの追加はダブルクリックで簡単に行えるが、削除は少し厄介だ。

まずフォントの一覧画面は、コントロールパネルを開いて「フォント」を開くと出てくる。
削除の方法は、右クリックで「削除」を選ぶか、上の部分に出ている削除を押すだけで良い。

しかし、Windows 7以降、上のように半透明になっている薄いフォントはシステムフォントと呼ばれシステムの動作に必要不可欠なフォントなので、削除しようとすると「保護されたフォントのため削除できません」と怒られてしまう。とはいえこれはエクスプローラ上での挙動なので、例えば他のファイラーを使えば消すことは可能かもしれないが、あくまでその辺は自己責任で。
また一部のフォントは使用中と言われて削除できない場合もある。

これらも踏まえて、フォントが削除できない場合は以下のような対処法を試して頂きたい。
①他のファイラーやフォント削除専門ソフトの使用
他のファイラーを使う場合はC:\Windows\Fontsを参照すると良いだろう。
②フォントを使っているソフトは閉じる
③セーフモードでの起動

なお、間違ってシステムフォントを消してしまったとしてもシステムが起動しなくなるケースは少ないと思われるが、日本語が表示できず文字化けする可能性が高い。Windowsに最初から付属しているフォントを消してしまった場合は再入手は不可能でOS自体を再インストールするしかなくなるので間違って削除しないように注意しよう。