パナソニックLE-PC06D取付記 明かりの常識覆す革命的製品

当方は照明としてパナソニック製品を使い続けていますが、CB0611Aがちらつき始めたので同じリモコンが付属しているLE-PC06Dを買ってみました。パッケージや製品が小型化し個人でも扱いやすくなり、一体型でシーリングライト特有の土台部分の取付作業不要、小学生でも取り付けられる簡単さとなっています。コスト増や寿命の観点なのか調色機能は無くなりましたが、個人的には使わないので不要です。パナは工事不要の食洗機もヒットしているようで簡略化・工事不要ニーズの成功例と言えるでしょう。6畳と8畳製品がありますが、光れば良い人は9畳以上でも使えます。

こちらがCB0611Aとそれに付属しているリモコンです。4万時間等というのはLEDそのものの寿命であり、電源部分の保証は1年で2017年購入なのでそろそろどこかが劣化していたとしてもおかしくなく5000円程度と安価なので3~5年で買い換えた方が良いでしょう。

これがシーリングライト(CB0611A)のカバーを外した後に出てくる土台ですね。蛍光灯時代の土台を流用しているので取付が大変で大きくて重く個人で扱いづらいという難点がありました。

そしてこちらがパッケージです。ピザのLサイズと同じぐらいの大きさでありネット上でも「商品間違えたかと思った」と言われるぐらいの小ささです。付属品としては取説・アダプタ・本体・リモコンとシンプルです。取説にも書かれていますが、天井側にアダプタを取り付けるのが先で、本体に押し込むと設置できないので注意。間違って押し込んだ場合は指を使って取り出して下さい。将来的には合体して欲しいですけどね。


一般的なシーリングライトが直径45cmに比べてこちらは直径30cmなので圧迫感がなく部屋の他、キッチン等にも設置できるでしょう。リモコンはHK9494が付属していますがHK9393でも使えます。違いは調色ボタンがあるかないかだけです。取説には「浮いていても光ればOK」という何とも緩い文言が記載されていますが、光ったのでOKという事にしましょう。前モデルに比べて全方面に光が広がっている感覚で明かりだけではなくその先を届けようとする懸命の努力を感じます。そもそも蛍光灯時代の熱対策でこのような輪の形状になっていますが、LEDは殆ど熱を出さないので自由自在なデザインの製品を出せる訳でさらなる小型・薄型化・ポン付け化に期待したいですね。興味のある人は買ってみて下さい。