うるう年設定ミスでシステム障害多発 神奈川等で免許発行不可

2月の4年に一度、29日が出現する「うるう年」を巡って、神奈川等の一部県警やスギ薬局等でシステム障害が発生しているようだ。免許を発行できなかった県警では有効期限の延長等で対応するようだ。
Windows等のOS自体は対応しているはずであるが、免許も薬剤発行システムもおそらくその上に独自のソフト等を乗っけているはずでありそのソフトを制作するシステムエンジニア等が「2月は28日しかない」と思い込んで作っているとエラーになるとか29日が存在しないとか選択できないといった事象につながるはずである。人間では簡単にできる日付の加算や減算をシステムで作ると結構大変でありその苦労は理解出来る所である。
修正自体は簡単にできるはずだがパッチを作るのに少なくとも数週間は掛かるはずであり今日気づいても既に時遅しという事で、4年後はシステム障害が発生しないようにしてもらいたいものである。