日本最短?たった1駅で終点になる普通列車が静岡にあった!

普通列車と言えば何十もの駅に停車するのが通例だが、始発から1駅で終点になる列車がJR東海管内に存在している。それは沼津→三島(逆パターンもあり)である。ナニコレ珍百景になるレベルであると言えるだろう。

乗車時間はわずか5分。5分の為だけにわざわざ運転士と車掌・そして2両の車両を用意するのは東海にしかできない芸当だろう。始発の際に行われるアナウンスを一通り終えると既に終点という事で、どうせ地元民しか乗らないし省略で良いでしょという感じでアナウンスは短縮気味でありそうしないと5分に間に合わないからである。というか発車前にフルのアナウンスを長々と開始して、動き出したら既に終点の案内をしているケースが多い。理由は公式には発表されていないが、バスやタクシーだと30分かかる所電車だと5分なので利便性の向上、あるいは新幹線に乗ってもらう為にこのような列車を設定しているのだろう。新幹線目的とネットでも言われるが、基本的に東京方面の新幹線と接続を取るような時刻設定ではあるが全ての列車が綺麗に接続している訳でもないようだ。興味のある人はぜひ乗ってみてもらいたい。