自動車オイル交換 いくらするの?頻度は?得られるメリット5個

自動車のオイルはディーラーの点検パックに入っている人は勝手に交換してくれると思いますが、中古で買ったり譲り受けた場合はオイルの存在を知らず全く交換しないまま乗っている人も多いと思います。
「ガソリンなら知ってるけどオイルって何?」っていうユーザーも多いと思います。実はオイルはエンジンの潤滑油、人間でいう血液のような役目を果たします。オイルを全く交換しないと内部にこびりつき循環できなくなり最悪の場合エンジンが壊れる事態になってしまいます。

○オイルはいくらするの?
例えばオートバックスの場合、1,800円、2,600円、3,500円の商品があります。これに非会員であれば工賃500円を合わせたものが代金となりますが、店によって異なるようです。概ね3,000円程度で交換できると考えると良いでしょう。本来は車両メーカーが推奨する純正オイルを使用するのがベストですが、ディーラーでの作業は正確ですがかなり工賃を取られてしまいますので、コスパ重視の方はオートバックスなどでも良いでしょう。
「何万円もするのかと思ってた」と言われそうですが、オイル自体はそれほど高くはないのです。まぁただの油ですからね。
オイルと一緒にオイルエレメント(フィルター)も交換するケースも多いですが、そうなるともう少し高くなります。

○お勧めの交換頻度は?
色々なことを書いているサイトが多いですが、私はこまめな交換をお勧めします。使用状況にかかわらず半年に一度交換すれば確実です。シビアな使用状況(一年で1.5万km以上)の場合は3ヶ月に一回交換すると良いでしょう。これはディーラーでの普通車の交換基準ですので、多くの車に当てはまると思います。詳しくは車の取説を読んでみてください。古いオイルは業者が処分するのでこちらに押しつけられることはありません。

○オイルを交換すると得られるメリット
既に10回以上オイル交換経験していますので実態に近い内容だと思います。
1.エンジンが静かになる
例えば高速で走っているような場合では実感しやすいです。
2.振動が減る
自分が快適に走行できるだけではなく、同乗者に快適に乗ってもらう為にもオイル交換は必須です。走行中の振動が減るのはオイル交換の効果として非常に大きいです。
3.燃費が良くなる
例えば22km/lが23km/lになるような小さな違いですが、燃費が良くなります。
4.加速がスムーズになる
アクセルを踏んだ分だけ加速し、車両本来の性能を発揮してくれるようになります。
5.アイドリングストップの再開が早くなる
アイドリングストップとは車両停止時にエンジンを止める機能のことですが、逆に言えば発進時にはエンジンをリスタートするためブルルンと音がします。オイル交換前はブルルルンがブルルンになるような小さな違いですが、再開が早くなるケースが多いです。

近くのカー専門店が分からない等という場合にはアマゾンを通じてチケットを購入することでオイル交換できるお店を案内してくれるサービスもあります。価格も2,000円少々と良心的です。客がする作業は一切無く、ただ車を預けて30分程度待てばそれで終わりです。まだ一回もオイル交換したことないという人はオイル=車の血液ですので早急に交換しましょう。