コンビニが時短営業すると昼間の客数も減少する理由

コンビニにおいて夜勤が集まらない等の理由で深夜休業、いわゆる時短を選ぶ経営者が多いですが、時短にして暫くすると「昼間の売上も下がったので元に戻したい」というような人も一定数いるようです。国が介入した事で最近は本部も言いなりであり経営者の意向に沿って各店舗の営業時間を変えているようですが、目先の人件費は削減できたが中長期的に見れば時短は昼間の売上にも影響を及ぼすという事のようです。

なぜ深夜を閉めると昼間の売上も下がるのか。理由は簡単で、深夜来ている人が昼間にも来ているからです。24時間連続で働く人はいないので確たるデータは存在しませんが明らかにそうとしか言えないでしょう。例えばコンビニに限らずファミレス・荷物仕分け・工場・新聞配達等の深夜帯に動く人であれば夜中は仕事して昼間にちょこちょこ起きて出掛けるような人もいる訳で、深夜に行って閉まっていたから昼間も行かないという単純思考の可能性が高いです。
また、時短すると開店後1時間・閉店前1時間は客が来ない事でその時間の売上が大幅に落ち込むと言われています。いざ車に乗り込んで閉まっていたら嫌だからという思考なのでしょう。各チェーンで時短制度が整備された事により深夜労働者が集まらず店長が深夜に働き悲鳴を上げるというような報道はかなり減りましたが、時短を選択する場合は深夜のみならず昼間の売上減も覚悟の上で実行する必要があるでしょう。