高松駅、日本一の早起き終了?券売機稼働時間は従来より拡大

JR四国は、高松駅みどりの窓口における営業時間を今春ダイヤ改正から縮小すると発表した。午前4:20~午後10時となっていたが、午前6:50~午後8:10までの営業となり、窓口が閉鎖となる早朝深夜時間帯は券売機の稼働時間延長で補うようだ。高知・徳島も同様に見直す。
ついに聖域に手を染めてきたかと言う感じは否めないが、各時間帯あたりの売上を見れば早朝深夜時間帯は赤字なのかもしれない。マリンに合わせて営業と言う事がネット上でも良く言われているが、現実問題として実際に日の出前から訪問して買いに来る人はいるのかという話である。そして高松駅は早起き日本一の称号を返上する事になるが、JRの中でも東がガンガン縮小・廃止を進め、赤字会社が年間利益5000億の黒字会社と営業時間がほぼ同等レベルであったというのが奇跡に近くある意味鉄道を真面目にやっている証拠でもあるが冷静に考えればそこで日本一を競ってもあまり意味は無く同じ日本一なら観光列車日本一の方が良いと考えたのだろう。四国全体で見れば坂出は見直しの対象外なので今春ダイヤ改正からは坂出・沼津が4:40で仲良くセットという事になるのだろう。利用客の多い高松を縮めて坂出は温存というのは(坂出も都会ではあるが)JR四国の判断は謎である。
券売機を使いたくないという人は乗車券・特急券・定期等であればスマートえきちゃんから購入する事もでき、ものがたり列車各種の切符は公式サイト「JR四国ツアー」から食事付きを購入すれば乗車券類を家まで送ってくれるので、そちらも検討してもらいたいものである。