北陸新幹線敦賀延伸で切符転売多発 JR西「転売やめて」

北陸新幹線の敦賀延伸で一番列車等の切符転売が多発しているようだ。法律ではコンサート・ライブチケット等の高値転売は規制されたが、鉄道チケットはその対象ではない。

メルカリでは価格が高騰したり不正が横行しやすいとして乗車券は出品禁止商品になっているが、ヤフオクでは禁止されていない為毎日のようにバンバン出品されている。そして今回の件ではないが、乗車券はかんたん決済(クレカ払い)が使えないが商品名を変えたりカテゴリを変えて出品している例もまれに見られる。JR西は「高値での転売や転売目的での切符購入は本来乗りたい人が乗れなくなるので辞めてほしい」としているようであるが、おそらく逆立ちしてもやらないと思われるが画期的な転売ヤー追い出し法がある。それはクレカで購入した場合はJR側はクレカ番号を保有しているのだから乗車時に車内検札で当該クレカの提示を求めて提示されなかった場合は無効として取り扱うという物である。最近は出品した側に規制を掛けるのは完全には困難なので、転売チケットを購入したユーザーが入場しようとした場合当日追い出すという方針が主流であり地元の期待を背負っての新区間開業に水を差すような行為に対して静観の構えを見せているJRがどのような動きを見せるのか、今後の対応に期待したい。