PC用有機ELモニターで価格破壊を起こせば日本も天下取れるのでは?

PC用の有機ELモニターは流通数が少ないのか現在非常に高価となっている。

海外製で12万超であり、レビューを読むと買っている人もいるようだがなかなか簡単に手が出せる製品ではなく2万円程度まで下がるのが理想だ。テレビやスマホでは有機ELモデルが出ておりスマホはほぼ有機ELに置換、テレビ用は液晶とほぼ変わらない価格まで落ち着いてきているのにPCモニターで数が少ないのは単純に数が売れない、あるいはそのサイズの物が量産体制になっていないというだけに過ぎないだろう。有機ELはディスプレイの最終形態と言われており、自由に曲げられて高い色再現性及び高速応答性・どの角度からも見られて目に優しい部分が魅力であるが、若干熱に弱く原理上同じ画面を表示し続けていると焼き付きを起こすというデメリットを抱えている。パソコン用途では画面の切替が少なくブラウザやワープロ画面で数時間放置というケースも多い事からメーカー側も有機EL投入には慎重な姿勢なのかもしれないが、このタイミングで日本製メーカーが量産すれば日本が天下を取れる可能性もある訳で、政府も先進技術を世界に売り込みたいのであればこの部分を国内メーカー等と議論してもらいたい物である。