ドミノピザ、店員不適切動画炎上で運営謝罪 法的措置検討

ドミノピザ従業員による不適切動画がネット上に広まって炎上したとして、運営が謝罪文を発表した。24時間以内に何らかの対応をしないと燃え広がる「24時間以内の原則」に則り午後3時に一次投稿者による投稿が行われてから12時間以内での比較的早い対応と言えるだろう。

不適切な行為を行ったのは営業時間外で生地は客には提供されていないとしたが、店内の生地を全て処分して店舗は営業停止という他の炎上案件に比べて一歩踏み込んだ措置を発表している。さらに従業員に対しては厳正に処分して法的措置も検討中と発表している。最近ドミノピザはネットで叩かれる事がなぜか増えており、セブンと同じく運営の対応も早くなってきている印象だ。暖冬や物価高騰・節約志向でピザが売れず現場へのプレッシャーも掛かっているのかもしれないが従業員に対して不適切な行為をしたりそれをアップしないよう指導するのは勿論であるが、本部はしっかり売れる新商品の開発に努めてもらいたい物である。