ローソン、47%増量商品発売もたまごサンドは規格外でネット話題

ローソンが、国民の物価高騰等を反映した施策として「盛りすぎチャレンジ」を展開しており、2月6日から順次価格据え置きで47%増量した商品が発売されていくようである。ネットでも逆詐欺として話題になっているたまごサンドを運よく買う事が出来た。

47のマークが増量商品の目印であるが、一部店舗では品切れも起きているようである。

実際に開けてみると、たまごサンドがギッシリ詰まっており美味であった。47%以上あれば表示上は問題無いのを逆に生かして60%ぐらい増量しているかもしれない。一切れがこれでこの量が3つ入っているのでかなりの量である。ファミマもローソンもなぜかたまごサンドだけは必死にやっているが、なぜかというと過去に某最大手チェーンのたまごサンド画像がスカスカ等として炎上したからである。左と右を見ても分かるが、撮る角度で量が違って見えるのもサンドの宿命なのかもしれない。当の最大手はダンマリを決め込んでいるが、ファミマやローソンからは「絶対たまごサンドで炎上させないぞ」という強い気概を感じる所であり、興味のある人は買ってみてもらいたい。