エアコンは贅沢?! 教育現場で熱中症が起きるワケ

連日の35度を超える超猛暑により熱中症のニュースが連日報じられているが、各地域の小学校や中学校では集会中に生徒が倒れたなど熱中症の症状になる生徒も多く、批判の目にさらされている。
保護者は子どもを学校に送り迎えすれば中身はブラックボックスであるが、教育現場では「空調は贅沢。職員室とパソコン室だけ」という主義を徹底している学校が多い。保護者も何か起きて保護者説明会で実態を聞いてびっくり仰天という場合が多いだろう。逆に言えば何も起きないと保護者がその実態を知る由もない。

ある学校の例を紹介しよう。

小学校
教室…空調なし。扇風機のみ。
体育館…空調なし。扇風機もなし。
水筒…水かお茶のみ。(凍ったのを持ってくるのはOK)
自販機…なし。
※保健室に行けば水分補給は可能。それかウォータークーラー
全校集会への飲料持ち込みは禁止。

中学校
教室…空調なし。扇風機のみ。
体育館…空調なし。扇風機もなし。
水筒…水かお茶のみ。(凍ったのを持ってくるのはOK)
自販機…なし。
※保健室に行けば水分補給は可能。それかウォータークーラー
全校集会への飲料持ち込みは禁止。

小中学校では冷たい水を得る手段がウォータークーラーしかないので、3~4台に30~40人など行列ができるのが当たり前であった。生徒会の議題でウォータークーラー設置や増設が議論になるのは毎度のこと。
遠足や校外学習なども晴れか雨かしか判断基準はなく、気温が高いから中止という基準は無い場合が多い。先生の間でも「水筒持参させて水分補給呼びかければOKでしょ」程度に甘く考えている教員が多い。

高校
教室…全教室に完備されているが集中制御。
体育館…空調なし。扇風機もなし。
水筒…自由。学校内に学食・自販機もある。
全校集会への飲料持ち込みは禁止。(許可される場合もある)

プール
体調不良者等は先生に申し出ることで「見学」することができる。中学校では見学するとフル出席にならず評定が下がる場合もある。
見学といえば保健室で涼めるの?と思いきや、プールの日陰で体育座りで座って待たされるだけ。まだ泳いだ方がマシ。
そして体育の先生に「運動してないし日陰で涼んでる」うんぬんと嫌味を言われるのがオチ。
当時は何も思わなかったが、今の基準に当てはめればおかしな話だ。とはいえ教育現場では昔の基準で変わらず運用されているのが実態だ。体育の授業では高校を除き水筒が持ち込めない場合も多い。

全校集会
その名の通り、全校生徒を体育館に集める。
週1回は確実に全校生徒が集まる全校集会の曜日が設定されている。それ以外にも講演などで臨時に全校集会が設定される場合がある。
学校の規模にもよるが、500人程度が体育館に集められ、体育座りで座らされ、校長の長ったらしい話を聞く。
前後左右に余裕は少なく熱がこもるのが現実だ。
ドアを開けているのはよいが、トンボが入ってきたりハエ・蜂が入ってきたり虫嫌いにはたまったものではない。
飲料の持込はできない場合が多い。(かけた、かけられた、こぼした等のいたずら防止のため?)
大人でいう入社式的なものを生徒は毎週やっているのだ。

○訳の分からない独自ルールがあった場合は?
親が直接学校に乗り込むのはモンスターペアレントと判断され評定を下げられたりなど報復を受ける可能性もあり得る。
そのため、学校のホームページのお問い合わせやメールアドレス等に「○○という決まりはおかしくないですか?」などと匿名で投稿すると改善されるかもしれない。誰も声を上げないとそれは認めていると言う事になるので、声を上げることが何より重要だ。

私立学校は知らないが、公立はお金がないので中学校までは一般教室にエアコンが設置されることはまずない。音楽室や美術室も暑い。パソコン室は特別教室という扱いなのでほぼ全ての学校でエアコンが設置されている。しかも独立制御。
高校ではほぼ一般的な会社と同等になり、かなり規則が緩くなっていることが分かる。
体育館に空調がないのは教育現場では当たり前。なぜならあれほど広い空間を冷やすには相当な空調が必要になり、その予算がないからだ。

(いつも職員室で涼んでいる)学校の先生は窓を開ければ涼しくなると言うが、それは湿度が低く風があればの話。今年の暑さは湿度が高く風が吹かないのが特徴で、もろに熱中症になりやすい危険な暑さだ。
エアコン設置を前倒しなどという報道も出ているが、今まで教育現場、特に中学校以下の学校では「空調は贅沢」「空調に慣れてしまうと体がなまる」「逆に体調崩す場合もある」という概念が広まっており、さらに予算の関係から設置が後回しにされてきたのが実態だ。
小中学校では複数の学校を一つにする動きが進んでいるが、最近立て替えや新設した学校では義務のようだが、古い学校にはそれが義務づけられていない。
精神論で何とかなる時代は終わった。確実に地球温暖化は進んでいる。国は議員定数を増やす金があるなら全校集会や校外学習などの見直し、全国全ての学校にエアコンを設置するほうに金を使うべきだろう。