コンビニで働くならどの時間帯がベスト?

アベノミクスのせいか景気がよくなりコンビニでバイトしたい、小遣い稼ぎしたい、という人も増えてきました。
応募も前年比2倍ペースで増えており、ウハウハの店も多いでしょう。

さて、面接で必ず聞かれるのが「どの時間帯を希望ですか」
どの時間帯を希望か、と聞かれても「その日にならないと分からない」「やってみないと分からない」「一日中どこでもあいている」という人も多いでしょう。
それぞれの時間帯のメリットとデメリットを並べてみました。
※あくまで標準的な枠での解説です。店によっては多少時間を前後させている場合もあります

6-9
メリット
・会社に行く前の小遣い稼ぎ、朝早く起きたい主婦や専門学生・大学生に最適
・朝からフレッシュに仕事ができる
・時給が昼間より10~15%ほど高い
デメリット
・客数(1時間あたり80~100人)の点ではコスパが悪い

9-14(9-17)
メリット
・昼間働けるので主婦や夜中起きれないフリーターに最適
デメリット
・全体的に客が多い。昼ラッシュもある。センター便やタバコ等の納品も多い。
・全体的に物事をテキパキ要領よくこなすことが求められる

17-22
メリット
・学校終わりの高校生、大学生に最適。
デメリット
・夜勤者が遅刻した場合高校生の延長は労基法違反。夕方ラッシュがある。
・チキンやコーヒー等複雑な注文をされたりチケットの発券等もあり要領のよさが問われる

22-6
メリット
・22-5は割増時給となるのでコスパがよく効率よく稼げる。
・客数が少ないのでスマホや夜食購入もできる(店による)
・深夜はほぼカメラを見るだけの監視業務
デメリット
・ワンオペ勤務の店が多い
・ワンオペの場合トイレに行けない(タイミングを見計らって)
・応募が多く競争が激しい。人が不足していない場合入れない場合も多い。
・夜中起き続けなければならない。寝ることは許されない。
・不審者や強盗等のリスクがあり異常時は速やかに関係機関に通報、緊急対処できる人が優先される傾向も強い。

これらの情報を簡単にまとめると、
テキパキ派=6-22
のんびり派=22-6

ワンオペは嫌だ=6-22
ワンオペでもいい=22-6
ということになります。
私のお勧めは夜勤帯ですが、夜勤帯に限らず希望の時間に入れないと分かったら1週間以内に辞めて他の店に移ることをお勧めします。入れないまま働いていても時間のロスですので。夜勤が充足している店もあれば、不足している店もあります。こればかりは応募しまくって探すしかありません。入れるかは入れないか濁したまま昼間のトレーニングに誘導する店も多いですが「○○の時間帯に入りたいです。入れない場合は辞めます」とはっきり言いましょう。

ただどの時間帯がベストかどうかは本当に本人次第ということになります。24時間いつでも開いている=24時間の1時間単位でどこでも好きな時間に働ける(※ただし人が不足している時間帯に限る)というのもコンビニの魅力の一つでもあります。
コンビニは人件費に限りがありますので採用されたから希望給与が保証されるものではありません。いくらでもその通りにしていたら人件費が無尽蔵にふくれあがって閉店してしまいます。一つのやり方としてはよそと掛け持ちして誰か人が辞めるのを待つしか無いでしょう。辞めて欲しい人に限ってしぶとく辞めてくれないのが現実ではありますが。

基本的に店の不足時間帯とあなたの希望時間帯がマッチした時に限って働けるとお考えください。

コメントする(承認制)