送風機能のないエアコンで送風運転をする方法

6月といえば梅雨の季節、毎日曇りや雨が続きます。
そういう時期に心配なのがエアコンのカビですよね。湿度が高いとエアコン内部がカビだらけになってしまいます。
暑くないから止めるといって止めていると、内部でカビが増殖してしまいます。
そういうわけで、梅雨の時期でもエアコンをオンにして送風運転をお勧めします。

と書きましたが、一番グレードの低いエアコンなど、送風機能がないエアコンも多いです。
そういう場合はどうすれば良いのでしょうか。
私も現在やっていますが、暖房16度・または冷房30度(風量自動)で運転する事です。
こうすることで部屋の温度と同じぐらいの風を送り出していることになり、実質送風運転となります。
またエアコン内部のファンが定期的に回転するのでカビを防げます。
電気代ですが、一日1kWh前後(22円程度)なので冷房や暖房より全然低コストです。
ちょっと肌寒いなと思う日は暖房16度、ちょっと暑いなと思う日は冷房30度で6月は何とか乗り切れます。

6月はエアコンの電源を丸々一ヶ月切るご家庭も多いですが、夏のシーズンになってつけようと思ったら能力が低下していて業者を呼ぶ、という風景も多いです。能力が低下する要因は大体カビが原因です。内部にカビがこびりついて風を送り出せず、しかもカビ付の風を送り出すという不衛生な状況になってしまいます。
梅雨の時期でもエアコンの電気代はケチらず、最低限の機能を維持したまま24時間つけておくことをお勧めします。