レジ店員が思う「やめて欲しい事」22選

コンビニやスーパーなどいわゆる接客業の人は、客商売であるため常に客の機嫌取りをしなければなりません。
特にコンビニは客単価が低いためそれに比例して客層も悪くなります。
今回は一番客層が悪いであろうコンビニを例に、やめて欲しい事を並べてみました。

・現金払いやめて
クレジットや電子マネー等様々な手段で決済できる現代において、なお現金を使う客は「?」です。タバコや酒も電子マネーで払えます。現金客に限って早くしろと言ってくるのも「?」です。
現金は客が財布から小銭を出し、それを店員が確認し、レジに入力し、お釣りを渡す。5~30秒程度かかる上に店員も頭を使います。
電子マネーなら「ピピッ」で終了。わずか1秒足らず。
もちろん自動釣り銭機であればこれらの手間は省略されますが受け渡しがある事には変わりありません。
Suicaでもなんでもいいので、電子マネーやクレジットが使える人はそれらの手段でお支払い下さい。

・発送やめて
コンビニはもともと食品を売るのが仕事です。発送は時間を取る割に利益がありません。
郵便番号をレジに入力したり到着日を客と確認したりサイズ計測・伝票への書き込みなど1~3分程度かかります。
最小限の人員で人を回しているので発送客が来たら後ろは大行列になってしまいます。
宅急便はヤマトの営業所、ゆうパックは郵便局に行って下さい。

・イヤホンしながら来るのやめて
イヤホンしながら来られると店員とコミュニケーションが取れません。せめて片方は外して下さい。
まぁイヤホンしながらレジに来るのはどうかと思いますが。通話しながら来る人も多いですが、勘弁ですね。

・後ろの商品取るのやめて
商売の基本として「先入れ先出し」が言われています。
先に仕入れた物は一番前に並べて先に取ってもらうという基礎の基礎なわけでほとんどの店はこれを実践しています。
なぜならこうすることで廃棄が減るからです。
例えばおにぎりなら午後1時・その後ろに午後8時・その後ろに翌日午前2時などと並んでいるわけです。
ですが、午後1時のおにぎりがあるのに午後8時のおにぎりが取られてしまうと古いおにぎりが廃棄になる可能性があります。
「同じ料金なら鮮度のいいものを」という客の気持ちも分かりますが、すぐ食べるなら変わりないことです。

・家庭ゴミは捨てないで
コンビニ等のゴミ箱には「家庭ゴミはご遠慮下さい」と書かれていますが、家庭ゴミの定義を知らない人が多すぎます。
家庭ゴミとは家庭で発生したゴミに限らず、自分で発生させたゴミも含みます。
ジャンプや長靴、工事用手袋、スタバやマックなど他社のゴミを捨てる人も多いですが、これらは全て家庭ゴミです。
自分が発生させたゴミは原則自宅で捨てて下さい。
では何のためにゴミ箱を置いているのかというと、本部の答えは「その店で買った揚げ物の包み紙を想定している」そうです。
ゴミ処理費用は店で払っているという事情もご理解頂き、なるべくゴミは持ち帰って頂きたい所ですね。

・250円以下は勘弁
100円の商品を買うと、原価70%が引かれ、残りの3割を本部と店で分けます。
本部に15円・店に15円入ります。(チャージ50%の場合)
店はその15円から人件費や電気代等を払いますが、仮に人件費を7円とします。
コンビニ店員の時給を1,000円として、店員を1分拘束したら16円。9円の赤字である事が分かります。
これらも加味すると一度コンビニに入ったら228円は買って頂かないと店が持たないのです。
弁当あたためで合計2分拘束したら456円は買って頂きたい。
深夜の時間は時給1,500円とすると357円程度は買って頂かないと厳しいですね。
こちらもあたためがあって合計2分としたら714円。
何が言いたいかというとジュースやタバコ単品の客はせめてもう一品買ってねと言うことです。もちろん金があるなら2千、3千と買ってもらってもいいですが。

・タバコの前で固まるのやめて
「主人が吸うのどれかわからないのよ」という客がいますが、せめて銘柄種類ぐらい聞いてから来てください。

・トイレから出てきて手洗わないのやめて
深夜や早朝だと、客の動きがすべてわかります。トイレから出てきて手を洗わず商品をベタベタ触るのは衛生上よくありません。

・売り場でくしゃみや咳やめて
マスクせずに売り場でくしゃみや咳をすると、風邪等が広まったり商品についたりして不衛生です。

・温めてコーヒー行くのやめて
「これ温めて」と言って金出しておきながらコーヒー汲みに行く客がいます。大抵は取りに来ないので温め終わった商品をコーヒーマシンまで持っていく羽目になります。そんなデリバリーはやってません。

・検品前の商品とるのやめて
商品が入荷しても端末でチェックするまでは陳列してはいけません。勝手に取っていく客もいますが困ります。どうしても欲しいなら一声お掛けください。

・ポイントカード後出しやめて
ポイントカードを会計終了後に出して「ポイントつけて」という客がいますが、多くのチェーンでコンビニ店員の不正防止のためレジではできないようになっています。後日店長が訂正する形になり面倒なのでポイントカードがあるなら先に出した方が確実です。札の下にポイントカードを置く客もいますが、店員が分かるようにしましょう。

・道聞きやめて
店員は全ての道を知っているわけではありません。「○○病院どこ?」「近くのガソリンスタンドは?」って、そんなことSiriに聞いて下さい。
スマホの中にGoogleMapがあるのに店員に聞く客はよく分かりませんね。アナタのお持ちのスマホに地図入ってますよ!って言いたい。

・細かい指定やめて
例えば会計分けて程度なら分かりますが、「これとこれは別の袋にして」「袋4つに分けてもらいたいんですけど」「箸はこっちに入れて」など細かく指定する客がいますが忙しいので勘弁です。袋と箸の数量だけ指定してあと細かいことは自分でやってください。何でも屋ではありませんので。袋分けで文句を言うなら自分でやってもらいたい所ですね。スーパーではやらない袋詰めを店員がやっているだけありがたいと言う事です。

・客がいたら離れて
コンビニでレンジ待ちをする場合で後ろに客がいる場合はすぐによけましょう。

・全部あたためやめて
弁当を5~6個買って「全部温め」という客がいますが、5~6個を並列で温めできる設備はありません。
物にもよりますが3分ほど待つことになり、その間店員は何もできません。
家で食べるものは家で温めましょう。

・ドアの開けっぱやめて
都心では自動ドアの店舗も多いですが、田舎では手動ドアの店舗も多いです。
開けたら閉めるという常識の事ができない客が多いです。わざとではないのかもしれませんが、入ったあとドアを再確認しましょう。
ドアの開けっ放しは虫が入ってきたり空調が効かないなど衛生上よろしくありません。

・トイレ貸してはやめて
「トイレ貸してください」と言う客がたまにいますが、トイレ付近にお声かけくださいの掲示が無い場合は声かけせず自由に使ってください。
言われてもどうぞとしか言いようがないので。次から「商品買って下さい!」とでも言えば売上上がるんですかね。
声かけられると10秒程度仕事できなくなるので、多忙な店員にとって10秒は大きいです。

・単語だけの注文やめて
「コーヒー」「タバコ」「ドーナツ」「焼き鳥」「チキン」など、単語だけで注文すると「サイズは?」「焼き鳥も種類ありますけど?」など二度手間が発生します。そしてこちらが聞くと客はなぜかキレています。毎日来る常連ならまだしも常連でない客がどんな商品を求めているか、エスパーではないので分かりません。単語+種類で注文してください。

・イートイン散らかすのやめて
イートインで飲み物や食べ物を放置したまま帰る客も多いですが、飲食業ではありませんので自分の物は自分で片付けてください。駐車場にカップ麺放置などは論外です。

・トイレにアウトプットやめて
トイレに酔っぱらいがアウトプットしていることがたまにありますが、処理が大変なので流してください。詰まらせた場合は逃げずに店員に申告してください。どうしても耐えられない場合は袋下さいと言って袋の中にアウトプットして結んで燃えるゴミで捨ててください。

・コーヒーのやり方聞かないで
ローソンの一部店舗はコーヒー手渡しですが、他のチェーンはセルフとなっています。「やり方分からないんですけど」と聞く客がいますが、やり方はレジやマシンの近くに書いています。ググれば出てきます。それも含めてセルフなので安くできていることをご理解下さい。

これらの客を相手にコンビニやスーパー等の接客業は今日も仕事をしています。
かなり大変だと言う事がご理解頂けたでしょうか。なるべく店員に負担を掛けないよう客も配慮があると良いかもしれませんね。