タイヤ空気入れ中にキャップ無くした!JAFに聞いてみた

当方セルフスタンドでしか給油しないので月に1回ぐらい自分で空気を確認しているのですが、運が良いのか悪いのか、タイヤの黒いゴム製バルブキャップをホイールのどこかに紛失してしまいました。
同席していた友人が「パンクするのでは?ヤバいのでは?」と煽ってくるので加入しているJAFに聞いてみました。

Q:キャップ無くしたのですがどうすればいいのでしょうか?
A:特に心配は要りません。無いまま走行している人も沢山いますので。
無いと走れない、絶対必要だ、という性質の物ではありません。

Q:では不要と言う事でしょうか?
A:中長期的なスパンで考えた場合、キャップがないと空気が抜けやすいというデメリットがありますので、装着することをお勧めします。

Q:タイヤやホイールが破損する可能性は?
軽いものですしゴムで柔らかいので走行するうちにどこかに飛んでいくでしょう。破損の心配もありません。

Q:今から買いに行きたいと思うのですが、近くのカー用品店まで走る分には安全でしょうか?
高速を走る、長距離を走る、などではなく同じ市内のカー用品店程度であれば問題ありません。

煽ってきた友人も自分の主張が覆されたようでビックリしていましたが、車の専門家JAFが言うわけですから信頼できますよね。
カー用品店に行った所、6つセットで250円程度と大変安く買えました。まぁ単なるゴムですからね。
また規格等もなく全社共通ですので普通にねじ込むだけの幼稚園児でもできる簡単手順、余りは車の中にしまい込んで終了。
有人のガソリンスタンドやディーラーであればタダでサクッとくれるような代物かと思いますが、そういうのに抵抗がある場合は自分で買っておいて予備をストックしておくのも大事かと思います。