コスパ良し!NEC WG1900HPレビュー

NECの無線LANルーターであるWG1900HPを購入したのでレビューします。
どこのメーカーも「うちが最速」「こんな機能搭載してます」なんて同じ事言っているので迷うと思います。
前はバッファローのアンテナが三本生えたWXR-2533DHPを使っていましたが、以下の点を検討しハイスペックでない機種にすることにしました。
◯電波が強すぎて体調が悪くなる
基本的に電波は人体にとって何かしらの影響があります。
電波が強いと当然通信速度も速くなりますが、特に2533DHPは置いた部屋で寝ると耳鳴りやクラクラしたりしました。
おそらくハイスペック機から1mの範囲で寝ることは想定されていないと思います。
女性等過敏症の方にはおすすめできません。
◯発熱の問題、たまに不安定になる
高性能で電波が強いのはいいことですが、強すぎて他と干渉して繋がらなくなったり認識しなくなったりします。
いくら速くても繋がらないと困ります。
特にテーブル下など空調の届かない場所に置くと熱暴走します。
SSIDが20個飛び交うマンションで数ヶ月メーカーがテストすればわかるかもしれませんが、まずしないでしょう。
◯消費電力の問題
速いという事は電力を消費します。2533DHPは最大30Wですが、WG1900HPは最大15Wです。
単価22円で24時間つけっぱなしとすると毎月の電気代237円安くなります。あくまで最大なのでこの通りになるかはわかりませんが。

他のサイトでは「最速モデルお勧め!驚愕の速さ!」「ハイスペック買えば後悔しない」「家電店店員が選ぶ最速機種」などと最上位機種を紹介するケースが多いですが、ルーターに関しては松竹梅で言えば竹のモデルを選ぶことをおすすめします。この1900HPは竹モデルにあたります。
なぜなら無線の300Mbpsが200Mbpsになった所で体感の差はわかりづらいという点、また商品価格がそれに見合っているかと言われると合わないので、8000円以内のもので十分です。普及帯モデルが一番安定していてコスパが良いのです。

 
中身はこのようになっていました。説明書が一番上にあります。
箱はB5サイズ程度で、バッファローのように箱が無駄に大きくないので処分や保管も楽で助かります。

  
蛍光灯のリモコンとほぼ同じぐらい、手のひらサイズの大きさでスタイリッシュです。バッファローのようにゴツくないのでいいですね。
セットアップはスマホの場合はNFCタグをかざすだけで簡単にできます。
マニュアルでは周囲5cmには終端装置も含め物を置かないようにと書かれていますが、余裕を持って熱が発散できる場所、10cm程度開けた方が良いかもしれません。

   
セットアップ画面は、日本人が好みそうな大人しい色使いをしていて好感が持てます。
ファームウェアの更新にバッファローは5分程度かかりますがNECは2分。60秒でできる再起動も魅力的です。

○有線が繋がらない、設定画面が表示されない
パソコン側のLANを挿し直してみてください。

○ユーザー名とパスワードが分からない
ログイン画面に関しては、取説の指示に従います。PPPoEのユーザー名とパスワードは、申し込んだプロバイダの紙に書いてあります。
プロバイダの紙をどこに置いたか忘れるケースが多いです。

○無線が遅い
チャンネルが空いている5GHz帯で接続してみてください。この機械も基本的には2.4GHzにつなぐ仕様になっていてほとんどの人は周波数の違いの存在すら知らないので近くに飛んでいるSSIDはほとんど2.4GHzです。よって5GHzはほとんど使われていないのでオアシスなのです。ゲーム機やプリンタ、テレビなど回線速度の遅い端末は2.4GHzに繋ぐようにしましょう。

速度は有線が実測550Mbps、無線が同じ部屋で実測下り299Mbps/上り387Mbps(5GHz)とものすごく速く、遠くまで飛ぶような華があるモデルではないですが、NECの技術・安定さのおかげでネットもサクサク表示されます。webページで実測値を公開していたり技術的な話を公開しているのも好感が持てます。他社は速いけど不安定だ、という人は是非NECをお試しください。