コンビニオーナー賛成派を冷静に分析

コンビニオーナーは生活できないと私は何度も訴えておりますが、ネット上にはそれを打ち消すような書き込みも多いです。
それらについて分析したいと思います。

○チャージ高いというが、自分で看板立ち上げて自営業できるのか?
確かにコンビニフランチャイズは地盤や看板や鞄、金、土地、建物がなくても手ぶらで店を出せるすばらしいシステムですが、その看板代金としては非常に高額だと思います。
CMから販促まで打ってくれて全て本部にお任せ、というシステムではありますがその代金が月200万円以上に上るのは異常です。
このチャージは売上からではなく利益から引かれる点も要注意。
日販50万チャージ50%と日販25万チャージ0%の利益は同額になるのです。
チャージが高いがゆえに十分な人件費を配分できずバイトが辞めていき人手不足になる。
コンビニの慢性的な人手不足はチャージが高すぎると言う事をマスコミはこぞって報道しません。

○自分で仕入れできるのか?
弁当やチルド飲料は大変ですが、菓子やアイスはネットで注文できるでしょう。
何ならスーパー等と契約して仕入れすればいい話です。仕入れ相手を変えるのも自由です。
自営業ならそれができますが、コンビニオーナーは原則(*)本部が指定する商品を本部からしか仕入れできません。
*SA/PA店舗や地元名産の銘菓などは例外

○バイトが辞めるのは店長の管理能力不足。
店長の管理能力というよりは「性格」つまり生まれ持った性質による所が大きいと思います。
穏やかな店長もいれば滅多に現場に顔を出さない店長、怒る店長もいます。人それぞれです。
どちらにせよバイトを大事にできない・ペコペコできない店長の店は人手不足になるのは明らかです。

○売上が上がらないのは店長の運営能力不足。
と本部社員は口を揃えて言いますが、コンビニは立地が9割なのでどうあがいても無理な物は無理です。
店長の力で店舗の出入り口の向きを強引に変えたりできるのであれば別ですが。
立地が9割ですが、「レベルの高い従業員を雇って常連を増やす」このやり方だけは今でも通用します。
ただレベルの高い従業員には当然高い時給を出さないと余所の店にいかれてしまいます。

○未経験でもいきなり経営者になれる本部のシステムは凄い。
それはすなわち本部には独自のノウハウがないことを意味します。
本部はことあるごとに「本部には独自のノウハウがある」と言いますが、ほとんどストコンでできるし独自のノウハウとはなんとやら?です。
独自のノウハウを持っていると思われるSVが発する言葉は「たくさん発注したらもっと売れますよ」ただそれだけ。

○その日にポチッとしたらその日夜に届く本部のシステムは凄い。
確かに大きな倉庫や大きな配送センターを全国各地に構えているので、朝に発注締→夜に届くシステムはかなり金をかけているのでしょう。
アマゾンや楽天もビックリです。
しかし現場はそこまで早い納期を求めていません。本部がお客様のチャンスロス防止(?)のために勝手に構築したシステムです。
天気予報なんて1週間先まで分かりますから、別にリードタイムが1週間だとしても現場はそれに合わせて対応するでしょう。
タバコは現にリードタイム2日半ですから、全ての商品2日半にしても対応できるはずです。

○契約書を読んで判子押したのはオーナー自身だ
確かにそうかもしれませんが、本部営業員がメリット・デメリット含め十分な説明をしているかは疑問です。
特にデメリットについては入念に確認して同意を得る必要があるでしょう。10~15年間辞めれない、違約金の話とか。
契約書の読み合わせまでやるのはコンビニぐらいだという話もありますが、「○○万の売上予測です!さあ判子押しましょう!楽しみですね!」みたいに煽っている可能性も否定できません。

○戯言を言っているようでは経営者失格だ
本部が健全に発展するためにも意見や要望は必要だと考えます。本部は店長によく発注ノルマを押しつけてきますが、それならこちらも言う権利はありますよね、チャージ払ってるわけですから。
本部に洗脳されているようでは「対等な事業者同士」とは言えないと思います。

この記事は主観的な内容です。参考程度で全てを鵜呑みにしないように。
都合の良いメリットばかり並べてデメリットを十分に説明しないのは営業の基礎基本です。冷静に判断しましょう。

コメントする