不動産屋は言わない!家賃安くする減額交渉 タイミング・方法は?

賃貸アパートやマンションに住んでいる人も多いと思いますが、実は家賃は下げることが可能です。
可能というのはあくまでも理論上の話で、実際下げてくれるかは大家や不動産会社の判断によりますが、8~9割は成功しているというデータもあります。頑張って食費や電気代を切り詰めるよりも紙切れ一枚で家賃が下がればそれに越したことはないですからね。

なお、家賃を下げることについては借地借家法にもきちんと書いてあるのでそれに則って処理できます。
契約書に「家賃減額は不可」と書いてあってもこの内容を主張すれば通ります。

建物の借賃が、土地若しくは建物に対する租税その他の増減により、土地若しくは建物の価格の上昇若しくは低下その他の経済事情の変動により、又は近傍同種の建物の借賃に比較して不相当となったときは、契約の条件にかかわらず、当事者は、将来に向かって建物の借賃の額の増減を請求することができる。ただし、一定の期間建物の借賃を増額しない旨の特約がある場合には、その定めに従う。

○誰でも下がる?
一般的に家賃減額交渉は長く住んでいる人ほど有利です。同じ建物でも家賃が違うのは払っている期間が違うからです。
築浅物件や、人気や地価が上昇している地域では黙っていても人が来るため「なら出て行って」と言われることにもなりかねません。あくまでも空室が出ている地域、物件という条件つきです。
また、隣人トラブルを起こしていないか、家賃遅延がなかったか、なども見られます。
これらを考えると法律に書いてある「経済事情うんぬん」よりは何年住んでるかという個別の事情でも減額交渉できることが理解頂けるでしょう。

○いくら下がる?
いくらにしてほしいかを提示しないと不動産会社も動けませんので、目標額を決める必要があります。
入るときに定価で入る人は誰もおらず、なんだかんだごねて5%程度安くして入る人がほとんどかと思いますが、その後契約更新の度に1~2%程度下がる余裕はあります。もし2年目で交渉をせず4年目で交渉するのであれば5~10%程度は下がるでしょう。
同じ建物の隣の人の家賃に合わせてもらう、近隣物件に合わせてもらう、など手段はいろいろありますが、交渉が初めてで調べるのが面倒・少しでも下がればいいやという初心者はまずは2年目=2%減、4年目以降=5%減を目標にしましょう。5%減に成功した場合、例えば家賃6万円の人の場合は57,000円になりますから大きいですよね。

○タイミング・方法は?
3月末、9月末などの繁忙期は避け、それ以外の時期にしましょう。
一般的に更新の時期がよいとされていますが、それ以外でも任意のタイミングで請求ができます。
更新のお知らせが来る数ヶ月前に不動産会社に「家賃減額のお願い」という文書を作成し郵送するのが効果的です。この際に手書きメモで「いつも快適に住まわせて頂き感謝しております」などと入れてあると効果的でしょう。
文書の記述ポイントの例
・周辺に高層マンションができた
・日当たりを売りにしていたがビルが建った
・静かさを売りにしていたが高速道路やバイパスができた
・4年、6年など長期間契約しているが一度も家賃改定しておらず一方で建物は経年劣化進んでおり不相応だ
更新の前に送ることで「減額通るかどうかは更新の検討材料ですよ~」と匂わせることができます。

○なぜ成功しやすい?
この10年でアパートラッシュといわれ需要のない地域にもアパート等が建築され過剰状態になっています。最近は落ち着きましたが、一回建てた物を取り壊すのは簡単ではありません。
そういうわけで、家賃を払ってもらわないと大家も生活できませんから、多少下げてでも継続収入が欲しいというのが実情でしょう。
一度誰かがいなくなると次の人が入るまで数ヶ月~半年は空室という物件もザラではありません。
大家が最も恐れるのは空室リスクですので。

もし賃貸に長年住んでいて何も言ったことがないという人は、不動産会社の思うつぼですので、書類を一枚送付して減額交渉してみましょう。
法律に定められた権利です。十分に活用しましょう。

コメントする(承認制)