事故有係数適用の人は車両保険カットを!

自動車保険の本質はなんでも安心ではなく、備えあれば憂いなしでもなく、自分に備えるよりも相手に備えるためのものです。
私も最初はなんでもかけておけば安心と高い保険料を払っていましたが、慎重に運転すれば済む話、遠出しなければ事故リスクも減る、仮に事故が起きるとしても年に1回あるかないかのために毎月数千円、年間にすれば何万円も高い保険料を払い続けるのはばかばかしい話です。
また、無事故の場合は1年に1等級しか上がらないくせに一度でも事故をすれば一気に3等級下がりしかも事故あり係数として3年間別テーブルになるので割引率が下がり事故していない人と同じ等級でも割高になるのです。
よって、現在事故あり係数適用で別テーブルとなっている人はみそぎの期間として補償内容を徹底的に削り保険料を安くしましょう。みそぎが終わればまた元の補償に戻せばよいのです。
細かい特約を削れば確かに安くできますが、手っ取り早く安くする方法は車両保険を削ることです。車両保険とは自分の車を直す補償ですが、私は相手のために備えるのが自動車保険の本質だと考えているので、車両保険は冷静に考えれば無駄ということがよくわかります。最近は車の安全装備も進化しているので事故するリスクは減っています。ある程度収入のある普通のサラリーマンならば、自分の車に20万円相当の事故が起きたぐらいならば貯金で何とか直せますよね。
ディーラーの営業も車両保険に入っていると事故した時の見積もりで「私たちにお任せください」などと保険を使わせようとしますが、補償を外してしまえば使いようがないので無駄に勧誘してくることもありません(工賃や部品代に少し色を付けて保険屋から余計な金をとるのも彼らの仕事)

次回6等級の人の条件だと、車両保険一般条件をエコノミーにするだけで年間3万円、エコノミーからなしにするだけで年間2万円変わります。つまり一般条件の人が「なし」にするだけで年間5万円も削れるのです。今まで何も知らずに言われるがまま高い保険を払っていた人はぜひ見直して家計節約に貢献しましょう。