レギュラー・ハイオク・軽油の違いは?

車を買っても営業から説明受けることもなく、ガソリンスタンドに何か書いてあるわけでもないのでこの違いを知らない人も多いのも事実。そこで今回はこの三種類の油の性質をまとめました。

◎オクタン価とは?
ガソリンの燃えやすさ。数値が大きいほどノッキング起こしにくく性能がよい。

◎車の取説を読もう
車種によって「レギュラーだがハイオクも可」「ハイオクのみ」「軽油のみ」などと指定がされている場合が多い。
取説読むのが面倒なら購入元や営業に問い合わせでもよい。
特別な理由が無い限り、原則指定の種類で給油する。
一般的にレギュラーと指定のある車にハイオクを入れても問題ないが、ハイオク指定の車にレギュラーを入れたり、レギュラー指定の車に軽油を入れると故障の原因となる。

・レギュラー 赤ノズル
いわゆる普通のガソリン。
JIS規格によりオクタン価89以上と決められている。
多くの会社は安く出すためにオクタン価90で出している場合が多い。

・ハイオク 黄色ノズル
いわゆるプレミアムなガソリン。人間がリポビタンDを飲むようなもの。
ガソリンに加えて洗浄剤などが入っているのでエンジンを綺麗に保てると言われている。
JIS規格によりオクタン価96以上と定められている。
多くの会社は99.5~100前後で出している場合が多い。
「ハイなオクタン価ガソリン」なのでハイオクですが会社によって「スーパー○○」など名前を変えた商品としている場合も多い。

・軽油 緑色ノズル
大型トラックや鉄道車両、ディーゼル車向けの油。
安いのでこれを選びたくなるが、レギュラーやハイオクとは性質が大きく異なるためレギュラー指定の車に入れると故障する。
軽自動車油という意味では無いので軽自動車に入れると故障する。

言われなくても当たり前とか常識、という人も多いですが自分の普段使う油以外の情報も把握しておくと何かあったとき役立つでしょう。

コメントする(承認制)