軽い壁紙を適用してAndroidスマホをサクサクに!

電池持ちをよくする、スマホをサクサクにする手段としてよく言われている
ウィジェットを置かない、ライブ壁紙を辞める、というのは既にご存知かと思いますが、
静止壁紙の中でも容量の軽い壁紙を使うことで端末がサクサクになります。
※Android端末で確認。iPhoneは不明

PCではどの壁紙を選んでもマシンリソースが豊富なので大した影響はないですが、スマホはメモリ空間が限られているため(アプリを上に表示するオーバーレイという構造の都合もあるのか画面が変わる度壁紙を読み込んでいるのか理由は不明)
なるべく小さい容量の壁紙を選んだ方がサクサクになります。
よくデフォルトでは派手というか手間暇かけて作られた豪華な壁紙が選択されていますが、これをグラデーション壁紙にするだけでもだいぶ変わります。単色のプリセット壁紙があればなおよし。
自分で撮った写真を壁紙にすることもできますが、解像度が大きい場合は大容量のデータを読むことになり今までより重くなるケースもあるので注意。

自分の好きなものがない、という場合はパソコンがあれば自分で作ることもできます。
画像編集ソフトがあればグラデーションはほぼワンタッチで作成できます。PNG、JPEG形式にするとよいでしょう。
最近のスマホは様々な解像度が出てきており既存の壁紙サイトが使えないのでパソコンで作るハメになる人が多いでしょう。
※設定画像が端末の解像度以下の場合は適用できない場合も

私は特殊な解像度なので既存の壁紙サイトが使えず、仕方なくグラデーション壁紙を自作しました。
容量は30KB。プリセット壁紙の容量がいくらなのか知りませんが、おそらく高品質に表示するためにビットマップ形式になっていたり数MB程度は使っているものと思われます。その分だけ物理メモリを浪費することになります。
スマホをサクサクにしたい、電池持ちが悪いという人は静止壁紙の種類も見直してみて下さい。

コメントする