タマホーム、不適切投稿者に賠償請求検討 ユーザー名晒す異例事態

タマホームが、モデルルーム見学に訪れた客による不適切な投稿を確認したとして、プレスリリースにおいて居住地とユーザー名を表示した上で損害賠償請求を検討していると発表した。企業のプレスで個人ユーザー名が表示されるのは極めて異例。

特定に関わる部分は削除させて頂いたが、事の経緯は不明であるがモデルルーム階段(利用に影響はなく目を凝らさないと見えない場所)にビスが露出しておりそれを担当者に無断で撮影してツイッター(X)にアップし企業価値を毀損させたようだ。撮影の許可は取ったと言っているが「奥さんに見せる為に撮りたい」と言ってOKはもらったようだがツイッターに価値毀損目的で画像をアップする事までは認めていないはずだ。普通の人であれば口頭で営業に指摘するかもしれないがその場で撮影してアップまではしないだろう。この人が注文した家ならタマホームも大目に見たかもしれないがあくまでも見本で短期で建てて短期で壊すモデルルームであり投稿者とこの家自体は全く関係がなく一般的に購入検討段階でモデルルームを利用するはずだがツイートしたと言う事は冷やかし目的という部分も自ら露呈したのである。モデルルーム入場は一般的に無料あるいは数万円のギフト券がもらえる事が多い中、住宅会社は競争が激しく家一軒建てるのに1億2億の物件もある訳で写真一枚でそれらの案件が吹っ飛べば売上の多大な損失につながりかねない点で会社が激怒というのも理解できる所であり個人が企業に喧嘩を売っても蟻と恐竜ほどの差があり勝つ事はまず不可能だ。タマホーム側も当該ユーザーが写真を消した後も「まだ残っている」と追及したようだが一度ネットに拡散すれば他ユーザーの写真は消せないのが現実でネット上でも「ビスは打ち直せるが拡散はどうにもできない」とあり、双方の話合いは冷静に行われているようだが今後の展開を見守りたい所である。