JR東海、新ぷらっとこだま発表 チケットレスで利用可能駅増加

JR東海が、新ぷらっとこだまを発表した。3月1日乗車分から適用となる。本サイトで過去に要望していたチケットレスが実現し、EXサービス加入必須となるがシートマップで座席を指定でき直前まで座席変更も可能、さらに東京→熱海・三島・掛川等のこれまで利用出来なかった駅も対象となり、静岡県内への旅行が格段にしやすくなるだろう。逆に静岡県民も恩恵を受ける可能性が高い。列車変更はこれまで通り不可。チケットレス実現により券売機を探す手間がなくなり、行列に並んでいたら列車の時間を乗り過ごして無効・買い直しといった旅の意欲を削ぐ非情な現象もなくなる。

初期画面はこのようになっており、日付や出発地・目的地を選択すると日帰りコースとして駅名が表示されるのでその商品を購入する。EXサービス必須だけでも十分抑止力にはなるだろうが、悪用や転売の可能性があり得る片道での購入は不可能になった。過去の経営陣による「静岡県民は黙って定価で乗れ」という静岡軽視がこのようなサービス面でも表れていたのかもしれないが、県内新幹線駅の更なる始発繰上げの実現も含めてこれまでのサービスで制限していた部分をいかに柔軟に対応して静岡に尽くせるかがリニア許可の鍵になるのかもしれない。