JR東海、EX騙る偽メールは即破棄するよう会員に告知 パス変更呼び掛け

JR東海が、自社のチケットレス乗車「EXサービス」において、公式と全く同じロゴや入力画面等を用いて偽メールから偽サイトに誘導する被害が発生しているとして、これらのサイト等に個人情報等を入力しないよう呼び掛けている。鉄道の中でも元国鉄は高速で広範囲を効率良く移動出来る国土移動軸を形成しており東のみならず東海や西・九州等、元国鉄のネット系システムは甘いので詐欺師に狙われているのが現状だ。特に詐欺師は新幹線を使いたがるので、この路線を管轄する事業者は悪意ある者に切符を買われないよう厳しく警戒及び監視する必要があるだろう。

スマートEXで3Dセキュア認証が実装されたので仮に会員情報をフィッシングしても詐欺師が新幹線に乗る事は不可能になったが、それでも会員情報のフィッシングが他サイトの被害につながる可能性がある為呼び掛けているのだろう。EXサービスがID・パスワードやクレカ情報の入力を求めてくる事は絶対にないので、そのような偽メール及び偽サイトには十分注意してもらいたい。