ITパスポート試験、システム障害で中止 ネット民「可用性は?」

IPAが主催するITパスポート試験の26日実施分が、システム障害により中止になったようである。CBTになっていたのが不幸中の幸いで、受験者は再試験として1年以内の任意の日時を指定して再受験が可能。紙で試験していたらもっと炎上していたに違いない。
ITパスポートはまだそれほどでもないが、基本情報等の問題等で偉そうにウイルス感染してはいけないとかシステムを落としてはいけないとか可用性や信頼性・稼働率を唱えていただけに、IPA自身が落ちるというのは試験をバリバリやってきた人こそ突っ込みたくなる事象であり、「アンタの所の可用性は?」「一番落としてはいけないシステム」と思った人は多いはずである。いっその事今回のシステム障害の原因や復旧の手順等をそのまま問題にしてしまえばいいと思う人も多いはずであり、可用性を唱える組織が可用性を下げる事の無いようにしてもらいたい。