善意悪用し金銭騙し取る詐欺多発?ペイペイ先払いは要注意

能登半島地震において被災者を装い「助けてください」等という投稿に返信して善意でペイペイを送金した所音信不通になったという報道が出てきている。投稿された住所は偽物であったとの事で、送った側は善意だとしても示した条件が偽物であれば詐欺になり得るだろう。

まず大前提として本当に困っている地域はスマホの充電もギリギリで通信が遮断されておりペイペイどころの騒ぎではなく、殆どの店が営業していたとしても現金専用であり彼らにとって欲しいのはまず現金(銀行振込)であるという前提を忘れている人が多い。そこでそのような投稿を見かけたら他の支払手段はないか確認し、ペイペイのみと言われたらほぼ高確率で詐欺確定だろう。なぜ詐欺師がペイペイを使うかというと使える店が多いという点、そして送金機能に制限がないので仲間で送金しあってアカ削除等を食らう前に速やかに物やサービスを購入して現金には出来ないとしても間接的に現金消費を浮かす事ができるのである。ペイペイ送金はこのように悪用されているというのが実態であり、政府はペイ会社に不正送金対策徹底を呼び掛けるべきであり、特にペイペイに関しては送金制限を他社同様強化すべきであると言えるだろう。