ホンダ合皮「プライムスムース」夏は蒸れる?劣化・手入れ等解説

ホンダの一部高級グレードに採用されている「プライムスムースシート」についてですが、公式にも殆ど記述はなく営業は「本革でカッコ良いですよ」(厳密には合皮で本革ではない)しか言わない訳ですが、3ヶ月程度使用してみた感想をまとめてみました。
・劣化は殆どしない
過度な使用場面であれば別ですが、一日2回程度の乗車であれば劣化する事はほぼありません。体重100kg等、平均に比べて重い場合は劣化が進むケースはありうるかと思います。直射日光等も気にする必要はありません。
・手入れも不要
ホコリ等は定期的に払う、水等をこぼした場合はすぐに拭き取る程度で、他のシートと同じような感覚でOKです。本革は水分に弱いとされていますが、水分に強い加工が施されています。
・耐久性
メーカーは「気にする必要は無い」としており、10年程度は見越して設計されているのではないかと考えられます。
・座り心地
シート自体は固すぎず、柔らかすぎず、しっかりホールドする感覚ですね。本革の社長の椅子をイメージするとあっけにとられる人も多いかと思います。上下の振動が上がってこないので日々の通勤も快適、ホールドされるので長距離ドライブでも疲れにくいというメリットがあります。
・夏は暑い?冬は冷たい?
本革は「夏は火傷するほど灼熱になり、冬は氷のように冷たい」と言われていますが、シート全体が皮ではないので若干気温変化によって感じ方は異なりますが微々たるもので、アチアチで火傷するという事はありません。
プライムスムースは試乗しないとその魅力がよく分からず数時間程度乗り回すと魅力が分かるというものですが、ないよりはあった方が良い装備ですのでシートのグレードが選べる場合にはプライムスムースを選んだ方が良いでしょう。